高輪大木戸跡

マーカーは高輪大木戸跡です。

高輪大木戸跡
[高輪大木戸は、江戸時代中期の宝永7年(1710)に芝口門にたてられたのが起源である。享保9年(1724)に現在地に移された。現在地の築造年には宝永7年説・寛政4年(1792)など諸説ある。江戸の南の入口として、道幅約6間(約10m)の旧東海道の両側に石垣を築き夜は閉めて通行止とし、治安の維持と交通規制の機能を持っていた。天保2年(1831)には、札の辻(現在の港区芝5-29-16)から高札場も移された。この高札場は、日本橋南詰・常磐橋外・浅草橋内・筋違橋内・半蔵門外とともに江戸の六大高札場の一つであった。京登り、東下り、伊勢参りの旅人の送迎もここで行われ、付近に茶屋などもあって、当時は品川宿にいたる海岸の景色もよく月見の名所でもあった。江戸時代後期には木戸の設備は廃止され、現在は、海岸側に幅5.4m、長さ7.3m、高さ3.6mの石垣のみが残されている。四谷大木戸は既にその痕跡を止めていないので、東京に残された、数少ない江戸時代の産業交通土木に関する史跡として重要である。震災後「史蹟名勝天然紀念物保存法」により内務省(後文部省所管)から指定された。平成5年(1993)3月31日 建設
 東京都教育委員会  (「東京都港区の歴史 高輪大木戸跡 」より)]

「資料館だより」第75号(2015.3.2発行)PDFダウンロード2MB – 江戸の中の高札場 ― 御入用高札場考 ―

高輪大木戸資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図」(絵図海岸線中央付近・御用地右上に木戸が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号4/5・絵図中央下に「大木戸」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 品川芝筋白金麻布. [1]」(コマ番号2/8・絵図四つ切左下「御書院番組」左下に「大木戸」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号3/7・絵図左上に「大木戸」が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・高輪大木戸

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「高輪大木戸」(3-48)、「・左ページ左」(3-46)、「高輪大木戸解説-2・右ページ2行目まで」(3-50)

東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」・「高縄茶店」(6-69)[図会右ページ右端に高輪大木戸が描かれている。)

「東都名所」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・高輪の景高輪全図高輪全図-2高輪全図-3

東都名所・高輪の図[歌川(安藤)広重]

東都名所・高輪廿六夜待遊興の図[歌川(安藤)広重]

東都名所・高輪之名月[歌川(安藤)広重]

高輪大木戸跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が高輪大木戸跡です。

カメラ北北東方向が高輪大木戸跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*