高輪牛町

スポンサーリンク

マーカーはカメラ位置です。

高輪牛町
[江戸時代に牛町とよばれていた芝車町(現在の港区高輪2丁目付近)は、牛車を利用した輸送業者の町でした。江戸幕府の御用を勤め、諸問屋の荷物輸送を行うなど、最盛期には600頭を超える牛が飼われていました。  (「展示会情報:国立公文書館」より)]

[東海道を南に下り、古川に架かる金杉橋、芝田町を経て、高輪の大木戸品川宿との間に位置する町。寛永11(1634)年の増上寺安国殿建立、13(1636)年の市ヶ谷見附石垣普請の際、当時江戸にはなかった重量運搬機である牛車が大量に必要となり、幕府京都四条車町の牛屋木村清兵衛を中心とする牛持人足を呼び寄せて材木や石類の運搬に当たらせた。工事終了後、褒美として、この町での定住を認め、牛車を使っての荷物運搬の独占権も与えたため、「車町」(通称牛町)とよばれるようになった。『江戸名所記』によれば、牛の数は多い時で、およそ千頭に及んだという。西側は車置場や牛小屋が並んでいたが、東側は海で眺望にすぐれ、月見の名所として、7月26日の二十六夜待(にじゅうろくやまち)、8月15日の仲秋の名月には大勢の人が集まり、賑わいを見せた。  (「高輪牛町 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図」(絵図海岸線中央付近・御用地右上に車町が描かれています。)

[(名所江戸百景・ 高輪うしまち(現在の泉岳寺駅付近)wikipedia-photo)]

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・高輪牛町

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「高輪牛町」(3-47)、「牛小屋牛町解説・左ページ1行目より」(3-46)

東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」・「高縄茶店」(6-69)[図会右ページ右端に高輪大木戸が、大木戸の左側に牛車が描かれている。)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*