高輪牛町

マーカーは願生寺です。

高輪牛町
[江戸時代に牛町とよばれていた芝車町(現在の港区高輪2丁目付近)は、牛車を利用した輸送業者の町でした。江戸幕府の御用を勤め、諸問屋の荷物輸送を行うなど、最盛期には600頭を超える牛が飼われていました。  (「展示会情報:国立公文書館」より)]

[東海道を南に下り、古川に架かる金杉橋、芝田町を経て、高輪の大木戸品川宿との間に位置する町。寛永11(1634)年の増上寺安国殿建立、13(1636)年の市ヶ谷見附石垣普請の際、当時江戸にはなかった重量運搬機である牛車が大量に必要となり、幕府京都四条車町の牛屋木村清兵衛を中心とする牛持人足を呼び寄せて材木や石類の運搬に当たらせた。工事終了後、褒美として、この町での定住を認め、牛車を使っての荷物運搬の独占権も与えたため、「車町」(通称牛町)とよばれるようになった。『江戸名所記』によれば、牛の数は多い時で、およそ千頭に及んだという。西側は車置場や牛小屋が並んでいたが、東側は海で眺望にすぐれ、月見の名所として、7月26日の二十六夜待(にじゅうろくやまち)、8月15日の仲秋の名月には大勢の人が集まり、賑わいを見せた。  (「歌川 広重 初代 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」-「高輪牛町」より)]

願生寺
[願生寺(がんしょうじ)は、東京都港区にある浄土宗の寺院。境内には「牛供養塔」がある。これは荷車を引く牛を供養するために運搬業者が建てたものである。昭和中期の高度経済成長が始まるまで、運搬用の牛を飼う業者がこの付近にいたという。  (wikipedia・願生寺_(東京都港区)より)]

国際日本文化研究センター – 芝三田二本榎高輪邉繪圖(安政4・1857年)」(絵図海岸線中央付近・御用地右上に車町が描かれています。)

五海道其外分間延絵図並見取絵図(出典:国立博物館所蔵品統合検索システム)
芝・高輪図(拡大元画像・絵図右端に芝車町が描かれています。スクロールしてご覧ください。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「高輪牛町」(3-47)、「牛小屋説明」(3-46)
高輪牛町(「拡大図)

名所江戸百景[歌川(安藤)広重](高輪うしまち (現在の泉岳寺駅付近)・wikipedia-photo)

東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」・「高縄茶店」(6-69)[図会右ページ右端に高輪大木戸が、大木戸の左側に牛車が描かれている。)

[『東海道名所図会』(秋里籬島、寛政9年・1797・刊)の「高輪茶店」の絵は、東海道と高輪の町を品川の海から眺めた構図を取る。海には帆掛け船が停泊し、東海道は、まさに海べりを通る。この海道沿いには、深い森林を背景にして酒亭や茶店が立ち並び、海側には葭簀を張っただけの店が続く。この絵に描かれた様子は、『守貞謾稿』(嘉永6年・1853・成)巻之五には、次のようにあって、その茶屋の多くは、幕末には品川宿の娼家の引手茶屋であった。
 江戸ノ東海道品川駅ヲ、街道ノ第一トス。品川駅ノ北ヲ高輪ト云。八町アリ。北一片ハ連屋、過半品川娼家ノ引手茶屋、南ハ海岸ニテ、葭簀張ノ水茶屋連リテ、虚地無之、高輪八丁如此也。
「高輪茶店」の絵では、これらの店の間を大名行列が通り抜けている。また、泉岳寺境内近くから右に進んだ道の両側には石垣を築いた大木戸があった。それを越えた先には高札があって、これより先が江戸市中であった。  (「本学蔵東海道関係浮世絵(三)」より)]

カメラ位置は高輪の大木戸前で、カメラ南南西方向道路右側が高輪牛町になります。

カメラ位置は泉岳寺交差点で、カメラ北北東方向道路左側が高輪牛町になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*