ニュー新橋ビル(戦後日本最大の闇市「新生マーケット」跡)

マーカーはニュー新橋ビルです。

Goo 地図 – 昭和22年写真昭和38年写真」[赤のマークが新生マーケットです。]

新生マーケット
[「太平洋戦争」によって大きな被害を受けた「新橋駅」前は、終戦直後に自然発生的に闇市が生まれ広がった。西口の闇市では、1946(昭和21)年に建物が建設され、「新生マーケット」が誕生した。当初は各商店の看板を総ネオン化するなど、東京随一の明るい商店街を目指したが、火災や周辺商店街の復興などの影響で賑わいは失われ、当時はまだ非合法であった居酒屋が多数集まるようになり、現在まで続く「飲み屋街」として賑わうようになった。木造長屋建築が密集していた「新橋駅」西口では、防災性や環境改善などを目的として、1961(昭和36)年度から1970(昭和45)年度まで、東京都によって「新橋駅前市街地改造事業」が実施され、1971(昭和46)年に「ニュー新橋ビル」が開業した(画像リンク)。当時としてはモダンなデザインで注目を集めた。画像上は市街地改造事業前となる1959(昭和34)年の「新橋駅」西口の様子。現在の「SL広場」から北側を望んでいる。左に見えるのは「新橋ステージ」(現在SLがある付近)で、平日は街頭演説などが行われ、週末にはステージ下は場外馬券売場として賑わった。  (「8:高度経済成長期の芝エリア ~ 芝(田町) | このまちアーカイブス」より)]

ニュー新橋ビル
[ニュー新橋ビルは、東京都港区新橋の新橋駅日比谷口前にある大規模な雑居ビルである。
概要
低中層階の地下1階から4階までは、飲食店、商店、金券ショップ、マッサージ店等の主としてサラリーマンを対象とする店舗が入居している、また、地下2-3階は駐車場とされており、高層階の5-9階はオフィス、10-11階は1-2DKの住宅とされている。1日の来場者は1万人を超える。特に商業区画の雰囲気には独特なものがあり、おやじビルとの愛称がある。
沿革
新橋駅西口は1945年(昭和20年)5月24日に空襲を受け、その大半が焼失した。
第二次世界大戦後、新橋駅西口にはヤミ市が生まれた。当初は不法占拠の露店が大半を占めたが、やがて当時の港区長であった井出光治が設立した新橋商事やテキ屋の関東松田組により、木造平屋長屋形式の「新生マーケット」が設立された。「新生マーケット」は、この種のマーケットとしては日本最大規模のものであった。
1961年(昭和36年)12月には市街地改造法に基づく新橋駅西地区の都市計画及び都市計画事業が決定され、1969年(昭和44年)2月に施設建築物に着工。1971年(昭和46年)2月に竣工した。
再開発計画
2014年(平成26年)11月5日に、地権者による協議会が、当ビル及びSL広場を含む南北約400m、面積約3haの範囲を再開発し、30階建て前後、高さ120-130mのビルを2棟以上を建設する方針を決定したと報じられた。再開発は野村不動産NTT都市開発が行い、2023年頃の完成を目指す。再開発の一因は、ニュー新橋ビルの老朽化とされている。実際、2018年3月に東京都が公表した耐震診断の結果では、震度6強~7の地震により倒壊・崩壊の危険性が高いとされている。
ニュー新橋ビル・wikipedia-photo、特徴的な低中層階外壁の格子・wikipedia-photo、ニュー新橋ビルの中・wikipedia-photo  (wikipedia・ニュー新橋ビルより)]

新橋タウン情報 ニュー新橋ビル1階商店会 – 新橋ねっと

新橋・ニュー新橋ビル 「喫茶フジ」「カトレア」 カフェブックマーク – GONZO …

カメラ南南東方向がニュー新橋ビルです。