一関藩田村家上屋敷跡

マーカーは「浅野内匠頭終焉之地」の石碑です。

一関藩田村家
[一関藩(いちのせきはん)は、江戸時代の藩の一つ。陸奥国磐井郡一関(現在の岩手県一関市)に藩主居館を置いた。この地に陣屋を置いた大名家は、いずれも仙台藩伊達氏内分分知の分家に当たる一関伊達家と田村家の2家である。前者は11年で改易・廃藩となったが、後者は180年余り続いて明治維新を迎えた。万治3年(1660年)に、仙台藩主伊達綱宗の叔父伊達宗勝伊達政宗十男)が3万石の分知を受けてこの地に陣屋を置いたことに始まる。宗勝は、綱宗の隠居により2歳で藩主となった綱村の後見役として仙台藩政を担っていたが、寛文11年(1671年)の伊達騒動により失脚した。これにより一関藩は改易され、その領地は仙台藩に返還された。その後、天和2年(1682年)に陸奥岩沼より田村建顕が移り、再び大名領を形成した。田村家は、仙台藩2代藩主伊達忠宗がその子田村宗良に母・愛姫の実家である田村氏の名跡を再興させたのに始まる。宗良は、伊達宗勝と共に伊達綱村の後見役となり、陸奥岩沼にて3万石の大名に列した。建顕は宗良の子であり、外様大名ながら奥詰として将軍徳川綱吉の側近として仕えた。一関藩は、松の廊下で刃傷事件を起こした赤穂藩浅野長矩を預かり、江戸上屋敷(藩邸)内で切腹させたことでも知られる(詳しくは元禄赤穂事件)。藩邸跡の日比谷通りの新橋四丁目交差点脇の歩道に、切腹した場所を示す「浅野内匠頭終焉之地」の石碑がある(環状 2号線工事のため「石碑」は一時撤去しており、東京都第一建設事務所に保管している)。田村家菩提寺である祥雲寺_(一関市)には浅野長矩の供養塔がある。  (wikipedia-一関藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝愛宕下絵図」[絵図愛宕ノ下大名小路の左・田村右京太夫が一関藩田村家上屋敷です。]

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書」 – 「八[144] – コマ番号55/144」(絵図中上・広小路上に田村右京太夫と描かれています。)

浅野内匠頭終焉之地 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向。新道を含む両サイドが一関藩田村家上屋敷跡になります。

カメラ東北東方向が環状第2号線建設に伴い移設された「浅野内匠頭終焉之地」の石碑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*