佐賀藩鍋島家中屋敷跡(国立印刷局)

スポンサーリンク

マーカーは国立印刷局です。

佐賀藩鍋島家
[佐賀藩(さがはん)は、肥前国佐賀郡にあった外様藩。肥前藩(ひぜんはん)ともいう。鍋島氏が藩主であったことから鍋島藩(なべしまはん)という俗称もある。明治維新を推進した薩長土肥のひとつである。現在の佐賀県、長崎県の一部にあたる。藩庁は佐賀城(現在の佐賀市)。藩主は鍋島氏。石高は35万7千石。支藩として蓮池藩、小城藩、鹿島藩があった。
鍋島氏龍造寺氏の家臣であったが、龍造寺隆信の戦死後、鍋島直茂が領地を継承して成立。藩の成立後もしばしば残存する龍造寺分家との対立がおきた(鍋島騒動)。この対立の構図から生まれたのが「佐賀化け猫騒動」という話である。天正12年(1584年)、龍造寺隆信は島原半島に於いて島津氏肥前有馬氏の連合軍との戦いで敗死した。その遺児である龍造寺政家の補佐役として実権を握ったのが、重臣の一人であった鍋島直茂である。天正18年(1590年)には政家を廃し、その子の龍造寺高房を擁立、直茂はその後見人として豊臣秀吉より認められた。以後、鍋島氏は主家を圧倒することとなる。秀吉の朝鮮出兵である文禄・慶長の役、秀吉死後の関ヶ原の戦いにおいても直茂が大将として参戦した。関ヶ原では西軍に与したが、同じ西軍の立花宗茂を攻略することで徳川幕府より旧領を安堵された。慶長12年(1607年)、江戸において龍造寺高房が急死。これには鍋島氏に実権を握られて憤慨し失望した高房が、妻を殺害し自らも死のうとしたが果たせず、そのときの傷がもとでのちに亡くなったという説がある。高房の死後わずか1ヶ月後には、肥前に隠居していた父政家も急死。高房には遺児・伯庵、実弟・主膳がいたが直茂の命で伯庵が出家するなど事実上ここに龍造寺本家が絶え、龍造寺隆信と義兄弟の関係にあった鍋島直茂が龍造寺家の家督を引き継ぐ形で佐賀藩35万7千石を手にし名実ともに大名となった。 慶長18年(1613年)幕府より直茂の嫡子鍋島勝茂に領地安堵の沙汰が出たことで漸く安泰をみた。
幕末、日本における産業革命を推進してきた佐賀藩は、日本有数の軍事力と技術力を誇ったが、中央政局に対しては姿勢を明確にすることなく、大政奉還王政復古まで静観を続けた。また、藩士の他藩士との交流を禁じ、国内でも珍しい「鎖国藩」といわれた。しかし1867年には藩主鍋島直大が新政府から北陸道先鋒に任命されて、佐賀藩兵も戊辰戦争に参加するために東上、江戸における上野戦争などで戦い、その結果、明治政府に多数の人物が登用された。明治維新を推進させた人物を輩出した藩を指す薩長土肥に数えられ、副島種臣江藤新平大隈重信大木喬任佐野常民らが活躍した。また田中久重等、多藩の有能な人材を積極的に重用し、日本の近代化に貢献した。江藤新平は明治7年(1874年)に佐賀の乱を起こし処刑されている。  (wikipedia-佐賀藩より)]

国立印刷局
[印刷局に繋がる組織が出来たのは、1869年に長崎製鉄所に本木昌造の活版伝習所が作られたときに始まる。本木はのちに長崎製鉄所を離れ、新街私塾に移るが、長崎製鉄所に残った組は、長崎製鉄所が工部省に引き継がれた後、勧工寮となり、最終的に明治4年に創設された大蔵省紙幣司などと合併するなどの変遷の後、現在形になるのは1875年、正院印書局が廃止されて大蔵省紙幣寮活版局となったのちである。なお、当時政府の印刷工場が紙幣を印刷し、国立銀行に発行機能を持たせるとする構想から、紙幣寮から印刷局の初期にかけては銀行の監督業務も職掌としていた。1877年に紙幣局、1878年印刷局に改称(この時に銀行業務を分離)、一時期内閣直属になったが後に復帰、1949年(昭和24年)6月1日から1952年(昭和27年)7月31日まで印刷庁(長は長官)と称したのち再び大蔵省印刷局に改称、2003年4月、大蔵省から替わった財務省印刷局を改組し今の形となった。初代紙幣頭は澁澤榮一、初代印刷局長は得能良介。  (wikipedia-国立印刷局より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝愛宕下絵図」[絵図左上・溜池右下・松平肥前守が佐賀藩鍋島家中屋敷です。]

カメラ北東方向が佐賀藩鍋島家中屋敷跡(国立印刷局)です。(画像は2014年6月で、解体前の国立印刷局画像です。)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*