増上寺(徳川将軍家霊廟)

マーカーは徳川将軍家霊廟です。

増上寺関連へリンク
増上寺増上寺(熊野神社)増上寺(め組供養碑)増上寺(鐘楼堂)増上寺景光殿 (旧広書院)表門増上寺・御成門有章院霊廟 二天門台徳院霊廟惣門芝東照宮大門

増上寺(徳川将軍家霊廟)
[増上寺の「徳川将軍家霊廟」には、二代将軍徳川秀忠公をはじめ、六代徳川家宣公、七代徳川家継公、九代徳川家重公、十二代徳川家慶公、十四代徳川家茂公の六人の将軍及びNHK大河ドラマ「お江~姫たちの戦国~」でも有名になったお江の方(崇源院)、皇女和宮さまら5人の正室、三代徳川家光公側室桂昌院(五代将軍徳川綱吉実母)をはじめ5人の側室、及び家光公第三子甲府宰相徳川綱重ほか歴代将軍の子女多数が埋葬されています。
 戦前、増上寺山内の南北に広がっていた徳川将軍家霊廟は、国宝に指定されていましたが、昭和20年3月10日北廟被災、5月25日南廟被災の二度に亘る空襲によって多くの建造物を焼失し、その厳粛かつ壮麗な姿は失われてしまいました。
 戦後、詳細なる学術調査が行われ、現在は安国殿裏手に位置し、六代家宣公宝塔前にあった「中門」が現在の墓所の門として、当時の厳粛な姿の一端を表しています。  (「江戸・東京歴史散歩ガイド – 徳川将軍家霊廟」より)]

[台徳院(2代秀忠)、崇源院(秀忠夫人)、文昭院(6代家宣)、有章院(7代家継)の霊廟と、9代家重、12代家慶、14代家茂の宝塔があったが、1945年(昭和20年)、大部分が空襲で焼失。焼け残った以下の建築が重要文化財に指定されている。
●台徳院霊廟 惣門(芝公園・ザ・プリンスパークタワー東京内)
●台徳院霊廟 勅額門、丁字門、御成門(以上3棟は埼玉県所沢市に移築)
●有章院霊廟 二天門(芝公園・東京プリンスホテル内)
これらの霊廟に祀られていた遺体は、1958年(昭和33年)に改葬され、墓所は増上寺本堂裏に移転している。現在の増上寺徳川家墓所の入口の門は、もと文昭院霊廟の奥院の門だったもの。秀忠夫人崇源院霊廟の一部は鎌倉建長寺に移築された。霊廟跡地は、東京プリンスホテル(文昭院、有章院等)、ザ・プリンスパークタワー東京(台徳院、崇源院等)となっている。  (wikipedia・徳川家霊廟より)]

現将軍墓所宝塔配置図

徳川家靈廟 – Google Map 画像リンク」、「徳川将軍家墓所 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が徳川将軍家霊廟鋳抜門です。

徳川将軍家霊廟内桜満開の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*