荻野山中藩大久保家上屋敷跡(泉屋博古館分館)

マーカーは泉屋博古館分館です。

荻野山中藩
[荻野山中藩は、相模国愛甲郡(現在の神奈川県厚木市中荻野)に存在した藩。藩庁は荻野山中陣屋に置かれた。
荻野山中藩は小田原藩大久保家の支藩である。天明3年(1783年)に駿河国松長藩主・大久保教翅が陣屋が山中に移転したことで立藩した。この頃から山中藩では藩財政の窮乏化が進んでおり、教翅の子・教孝は「養蚕要略」を公布して養蚕業の奨励・発展に努めたが、効果は望めなかった。慶応3年(1867年)秋頃から冬にかけ関東では勤王の為と称し薩摩藩士ら中心による集団強盗が横行、愛甲地区でも被害が多数出ていた 12月15日江戸薩摩藩邸に集まった鯉渕四郎ら薩摩藩士中心の倒幕派浪士隊は藩主が甲府城の勤番のために留守であった山中陣屋を夜襲、焼き討ち。 その際即死3人、深手を負った2名の内当代官が3日後死去 更に12月16日早朝、隊は厚木川入村佐野家へ押し入り金品を強奪し津久井方面へ向かう 藩や領民に衝撃を与える
陣屋は焼失にもかかわらず、市内王子の福伝寺には遺構として陣屋裏門と伝わる門がある。跡地には稲荷と石灯籠があるにすぎない。
慶応4年(明治元年=1868年)、徳川家達の駿府(静岡)入部にともない、駿河国内の領地に替えて相模国愛甲郡内の旧幕府・旗本領を与えられ、現在の厚木市周辺に領地を集中させた。明治2年(1869年)6月、最後の藩主・教義版籍奉還により知藩事となった。  (wikipedia・荻野山中藩より)]

泉屋博古館分館は2020年1月より約2年、改修工事のため休館しています。

泉屋博古館分館
[2002年秋に地下鉄六本木一丁目駅に隣接するロケーションにオープン。泉屋博古館本館京都市にあり、1960年から住友家から寄贈された美術品の数々を公開してきたが、優れた所蔵作品を東京、関東近県、さらには海外の美術愛好家にも鑑賞してもらう場として東京にも開館。分館では茶道具、近代絵画、近代陶芸を中心に所蔵。
港区六本木1-5-1
03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金(税込):
一般800円、高大生500円
※企画により変更あり
10:00~17:00(最終入館は閉館30分前まで)
※企画により変更あり
休館:月曜日(休日の場合、翌火曜)、展示替期間  (「港区界隈の美術館ガイド 泉屋博古館分館(六本木)/eHills Club」より)]

[大久保長門守上屋敷跡地には泉屋博古館分館と泉ガーデンギャラリー、集合住宅・泉ガーデンレジデンスがあります。]

港区 ぶらり 緑の散策路「泉ガーデン」(六本木一丁目 …

大久保長門守上屋敷資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション - 赤坂溜池今井台麻布竜土青山辺一円絵図 : 天保元年(1831年)調」(絵図中央右方向・麻布谷町右に本多弾正少輔(本多忠知)が大久保長門守上屋敷になります。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図」[絵図右端中央付近・大久保長門守(荻野山中藩)上屋敷が住友会館(泉屋博古館分館)です。また、大久保長門守上屋敷周辺の本多邸跡がスペイン大使館、曽我若狭守・酒井對馬守がスウェーデン大使館になっています。]

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国麻布区市兵衛町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右下・麻布市兵衛町一丁目の文字「一丁目」の外周一画が大久保長門守上屋敷跡になります。)

カメラ北北西方向が泉屋博古館分館で、カメラ西方向が泉ガーデンです。

泉ガーデン内のカメラです。