大溝藩分部家上屋敷跡(新橋駅)

マーカーは新橋駅です。

大溝藩分部家
[大溝藩(おおみぞはん)は、近江国高島郡(現在の滋賀県高島市勝野)に存在した藩。藩庁は大溝陣屋
戦国時代、大溝は織田信長の家臣・磯野員昌津田信澄が治めていた。元和5年8月27日(1619年10月4日)、伊勢上野藩から移封された分部光信が2万石で入部することにより、大溝藩が立藩した。光信は陣屋や武家屋敷の建設に尽力し、幕府においても大坂城本丸普請や比叡山延暦寺の造営奉行として活躍した。寛永20年(1643年)に光信が死去して子の分部嘉治が跡を継いだが、明暦4年(1658年)7月9日、妻の叔父に当たる池田長重と些細なことから口論となって長重を斬殺し、自身も長重によって負わされた刀傷が原因で翌日に死亡した。家督は子の分部嘉高が継いだが、嘉高は寛文7年(1667年)6月12日に20歳で嗣子無くして若死し、分部家の血筋は断絶した。

このため、第4代藩主として嘉高の母の縁戚に当たる備中松山藩から分部信政池田長信の三男で、皮肉にも池田長重の甥に当たる)を養嗣子として迎えた。この頃から藩内ではたびたび大洪水が起こって収入が激減し、それによって藩財政は次第に悪化していった。寛文9年(1669年)には1万石、延宝4年(1676年)には1万3000石が大洪水によって徴収できず、それによって参勤交代の免除を幕府に願い出ているほどである。また、歴代藩主の多くが大坂城加番などの役職を歴任したり、罪人の預かりを務めている。第10代藩主・分部光寧のときには探検家として有名な近藤重蔵を預かっている。
藩財政は江戸時代中期頃になると火の車となり、第8代藩主・分部光賓は三宅玄章と共に財政5ヵ年計画という改革を断行したが、あまり効果は無かった。第11代藩主・分部光貞のときに幕末期の動乱を迎えたが、光貞は中風に倒れたため、あまり幕末における目立った行動は見られない。光貞は版籍奉還の翌年に死去し、跡を子の分部光謙が継ぐが、光謙は明治4年(1871年)7月の廃藩置県直前に知藩事を辞任した。大溝藩は廃藩となり、大津県に編入された。ちなみに、光謙は昭和19年(1944年)11月29日に死去した、江戸時代の藩主の中でも最後まで生存した人物であった(ただし、光謙の時代には既に版籍奉還が行われており、上総請西藩林忠崇戊辰戦争で幕府側について改易、昭和16年死去)か大藩であった安芸広島藩浅野長勲(昭和12年死去)「最後の藩主」とするのが通説である)。  (wikipedia・大溝藩より)]

大溝藩の家臣団構成と財政 – 奈良大学リポジトリ

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝愛宕下絵図(嘉永三年・1850年)」[絵図四つ切右上に分部若狭守(分部光貞)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 八之二(天保九年・1838年)」[コマ番号2/2・絵図上中央に分部若狭守(分部光貞)と描かれています。]

カメラ東方向は新橋駅で、大溝藩分部家上屋敷跡はほぼそのエリアになります。