天徳寺

マーカーは天徳寺です。

天徳寺
[浄土宗の天徳寺は、光明山和合院と号し、天文2年(1533)紅葉山に開創、慶長16年(1611)当地へ移転しました。元和元年徳川家康公(1615)より50石の、元和9年(1623)に二代徳川秀忠公より100石の朱印を賜った御朱印寺で、浄土宗江戸四ヶ寺の一つとして触頭を勤めていました。江戸三十三観音霊場20番札所です。  (「猫のあしあと」より)]

[安政6年(1859年)7月26日、外国事務掛遠藤胤統酒井忠毘は、天徳寺において東シベリア総督ムラヴィヨフと樺太境界について談判し、ロシア側の主張を退けた。  (「幕末関連史跡補完計画:史跡便覧:東京都港区」より]

天徳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が天徳寺山門です。