新見藩関家上屋敷跡

マーカーは新見藩関家上屋敷跡です。

新見藩関家
[新見藩(にいみはん)は、江戸時代中期より廃藩置県まで備中国にあった藩。藩庁は阿賀郡(現:岡山県新見市)の新見陣屋。立藩以来、外様大名の関家が藩主として続き、石高は1万8千石であった。
元禄10年(1697年)、宗家の美作津山藩森家廃藩に伴い、親族である関長治美作宮川藩より移り立藩した。関氏は9代174年にわたり在封した。
初代藩主・長治は水谷家統治の備中松山藩領時代に鉄・米の集散地であった新見に陣屋を構え町を整備した。また、牛市を開き商業活性化を促した。
阿賀郡哲多郡小田郡浅口郡後月郡の5郡内を領有し、知行高は1万8000石だった。しかし元禄時代に検地された石高は実際の生産高(9000石)よりも高く評価されており、立藩当初より厳しい藩財政となった。
第3代藩主・政富は、この厳しい財政を克服するため財政改革に取り組み、ある程度の成果を収めた。教育にも注力し、藩校「思誠館」を開いた。また、庶民に対しても学問を奨励し、学資の補助を行った。
以後も財政難は慢性的に続き、第5代藩主・長誠丸川松隠を思誠館に招聘した。この当時に備中松山藩の改革者・山田方谷もここに学んでいる。長誠は松隠を藩政参与とし、藩政の改革に当たらせた。松隠は藩政の指南書『型典』を著し、以後これが藩政の手本となった。
天保7年(1836年)時には、年貢収入は遂に立藩当初の9000石から3000石にまで落ち込み、財政再建はもはや急務となった。このため、幕末安政4年(1857年)には鉄・和紙を専売とした。
明治4年(1871年)、廃藩置県により新見県となった。  (wikipedia・新見藩より)]

[新銭座町のさらに南には赤穂藩森家と新見藩関家の江戸屋敷があった。幕末に、森家の屋敷の一部が上地となり、その場所に関家の屋敷が移転した。また、関家の屋敷があった場所には江川太郎左衛門(江川英龍)という伊豆韮山(にらやま)の代官の屋敷と大砲や銃器などを扱う、現在の陸軍に当たる組織の練習場を造った。  (「公益財団法人 東日本鉄道文化財団」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝愛宕下絵図(嘉永三年・1850年)」[絵図四つ切右下に関但馬守(関長道)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書(天保九年・1838年)」[絵図四つ切右下に関備前守(関成煥)と記述されています。]

「国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 八」[コマ番号132/144・弘化二年、三年(1845、1846年)之形の絵図に森越中守、関但馬守、大久保加賀守、紀伊殿が描かれています。コマ番号133/144・安政三年(1856年)之形で関但馬守屋敷地が江川太郎左衛門大小砲習練場及び小笠原信濃守陣屋地となり、関但馬守は森越中守屋敷地の半地を拝領しています。]

カメラ南東方向道路両サイドが新見藩関家上屋敷跡です。