浜離宮船着場

スポンサーリンク

マーカーは浜離宮船着場です。

浜離宮船着場
[浜離宮船着場からは、日の出~浅草を結ぶ隅田川ラインが運行されています。 浜離宮は潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園です。
潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式で、現在は実際に海水が出入りしているのは、この浜離宮だけになります。
この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。1654年、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得るとその後、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。  (「各乗船場情報 > 浜離宮 – 東京都観光汽船」より)]

浜離宮発着場 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が浜離宮船着場です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*