西久保八幡神社

スポンサーリンク

マーカーは西久保八幡神社です。

西久保八幡神社
[由緒 寛弘年中(1004~12)に、源頼信多田満仲の三男)が、石清水八幡宮の神霊を請じて、霞ヶ関のあたり(榎坂とも)に創建したという。太田道灌江戸城築城に際し(築城は長禄元年・1457)、現在地に遷された。徳川秀忠(徳川二代将軍)正室の崇源院(諱は「江」・「お江」・浅井長政お市の方の三女・徳川家光の生母)は、慶長5年(1600)、徳川家康・秀忠の関ヶ原の戦いでの戦勝と安全を祈願し、その報賽として社殿建立の遺志を残しており、家光公御代寛永11年(1634)、社殿が造営された。元和5年(1619)には時の鐘が建てられたが、寛文10年(1670)に割れてしまい、現存はしていない。享保8年(1723)の火災の翌年には土蔵にて社殿が建造されたが、文化8年(1811)にも火災に遭い、文政元年(1818)に再建されている。この二回の火災により宝物・旧記等はことごとく失われた。また、その間にあっても明和3年(1770)・文化12年(1815)・文化13年(1816)には境内で大相撲が行われ、落語や講談で有名な阿武松緑之助も相撲を取っている。明治維新神仏分離までは、八幡山普門院と称し、東叡山の末寺であったが、江戸八所八幡の一つに数えられ、八八幡詣(ややはたもうで)として多くの参詣を受け、周辺は門前町として賑わった。  (西久保八幡神社オフィシャルサイトより)]

[西窪八幡宮
同所天徳寺裏門より、南の方三町はど、飯倉町一丁目にあり。別当は天台宗にして、東叡山の末、八幡山普門院と号す。西窪の鎮守にして、旅所は小山にあり。相伝ふ、当社八幡宮は、寛弘年間(1004-12)の鎮座なりといへり。慶長5年(1600)、関が原御一戦のとき、崇源院殿〔1573-1628。秀忠の室)より、その軍御勝利と御安全との御願書をこめられ、別当秀円、御祈躊修行す。はたして、その奇特ありければ、寛永11年甲成(1634)2月、つひに宮社御建立ありしといへり。祭礼は毎歳8月15目なり。  (江戸名所図会より)
(「新訂 旅と歴史-西久保八幡神社」より)]

西久保八幡神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が西久保八幡神社参道です。

カメラ北西方向が西久保八幡神社拝殿です。

西久保八幡神社拝殿前のカメラです。

西久保八幡神社資料リンク
「江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・西久保八幡宮

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「西久保八幡神社・西窪八幡宮解説は右ページ中程より」(3-26)、「西窪八幡宮解説-2・右ページ2行目まで」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*