銀世界の梅

スポンサーリンク

マーカーは銀世界の梅石碑です。

銀世界の梅
[この梅林は、今の新宿区西新宿三丁目の東京ガス敷地にあったもので、 江戸時代は、「梅屋敷銀世界」と言われていたものを、明治41-42年ごろ16号地グランドの西側に移植されたが、道路拡張にともない、昭和41年にこの1号地に移されました。
梅林には、二代将軍(秀忠)のお声がかりの梅も移植されていたそうですが現在はありません。
この石碑は、琉球の棟応昌の筆によるもので、梅屋敷内にあったものです。]

カメラ北北西方向が銀世界の梅石碑です。

銀世界の梅の360citiesです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*