向島橘銀座商店街(キラキラ橘商店街)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    向島橘銀座商店街(キラキラ橘商店街)
    [向島橘銀座商店街(むこうじまたちばなぎんざしょうてんがい)は、東京都墨田区京成押上線京成曳舟駅から明治通りの南東約500mに位置する、南東に伸びる約450mの商店街である。
    一般にはキラキラ橘商店街と通称で呼ばれることが多く、商店街の看板にも「キラキラ橘」と表示されており、惣菜・乾物等の商店が多いのが特色で、墨田区内でも1~2番手にあげられる有力な商店街。
    商店街の名称は、昭和6年に映画館の橘館がこの通りにできたことに由来し、戦前から「橘館通り」として地域住民に親しまれてきた。戦時中は物資の不足、戦災等で商業活動も中断したが、戦後は周辺地区の人口の過密化とともに、商店街も復興して戦前をしのぐ勢いとなり、発展を続けた。昭和35年には「商業協同組合」を設立した。 しかしながら同区に存在する錦糸町や隣区の江東区にある亀戸の副都心化による発展などもあり、大規模な人口流出が起こり、徐々に衰退している。 そこで、商店街を地域の特性である「下町コミュニティ」の核として改めて位置づけ、近代化を進めることによって再生を図るべく、平成元年度の東京都コミュニティ商店街事業の申請を行った。そして、指定を機に、ハード・ソフト両面にわたる意欲的な活性化事業に着手した。
    商店街の町並みは総じてレトロチックに構成され、戦前の町並みを彷彿とさせる。コンビニエンスストア等は商店街内には設立されていないが、その反面でスーパーマーケットのグルメシティやチェーン店の薬局も垣間見る。  (wikipedia・向島橘銀座商店街より)]

    [向島橘銀座商店街協同組合は昭和35年に始まり、昭和60年の街路灯、カラー舗装改修時に下町人情キラキラ橘商店街のネーミングをつけました。墨田区の京島地区にある当商店街は関東大震災東京大空襲で奇跡的に火災に遭わず、今でも大正時代からの長屋などがあり、昭和の面影が残る下町の代表的な商店街です。  (「商店街概要 | 下町人情 キラキラ橘商店街」より)]

    キラキラ橘商店街マップ

    おでん種「大黒屋」と惣菜屋「鳥正本店」、「鳥正 京島店」の紹介サイト – 「おでんと惣菜、そして駄菓子。歴史ある商店街の名店を紹介」、「どどすこ君が行く! 鳥正 本店 (墨田区京島)

    カメラ位置は明治通りで、カメラ南方向がキラキラ橘商店街です。

    カメラ北西方向が「鳥正 京島店」です。
    鳥正 京島店 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が開業60年以来親子三代で受け継いでいる八百屋「上野青果店」です。

    カメラ東北東方向が惣菜屋「鳥正本店」です。

    カメラ西南西方向が創業1953年(昭和28年)のおでん種「大国屋」です。

    カメラ位置は東武亀戸線北方向で、カメラ北東方向がキラキラ橘商店街です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *