牛の御前(牛島神社)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    牛の御前(牛島神社)
    [牛島神社は、貞観年間(859-79)の頃慈覚大師が建立したと伝えられています。かつては牛御前社と称しており、その由来については、慈覚大師が一草庵で須佐之男命の権現である老翁に会った際に、「わがために一宇の社を建立せよ、若し国土に騒乱あらば、首に牛頭を戴き、悪魔降伏の形相を現わし、天下安全の守護たらん」との託宣により建立したと伝え、牛御前社と呼ぶようになった」との神託により牛島神社となったとも、或いは牛島の出崎に位置するところから、牛島の御崎と称えたのを御前と転称したものであろうともいいます。本所総鎮守として崇敬を集め、明治時代には郷社に列格していました。
    「すみだの史跡文化財めぐり」による牛島神社の由緒
    関東大震災で焼失する被害を蒙りましたが、かつては少し北の墨堤常夜灯(向島五丁目1番 隅田公園内)の東にあり、隅田公園の開設にあたり昭和7年に現在地に移りました。旧地には記念標石が建っています。
    縁起によると、貞観(859-879)のころ慈覚大師が一草庵で須佐之男命の権現である老翁に会い、「師わがために一宇の社を建立せよ、若し国土に騒乱あらば、首に牛頭を戴き、悪魔降伏の形相を現わし、天下安全の守護たらん」との託宣により建立したと伝え、牛御前社と呼ぶようになったとも伝えます。また「江戸名所図会」では、牛島の出崎に位置するところから、牛島の御崎と称えたのを、御前と転称したものであろうと説明しています。本所総鎮守の社として知られています。 また、由緒によると、治承4年(1180)伊豆に旗上げした頼朝が、敗れて房州に逃れ、再挙して隅田川を渡る際には、千葉介常胤が当社に祈願してことなきを得たといいます。以後千葉氏の崇敬が厚く、宝物として月輪の紋をつけた千葉家の旗が伝わり、箱書に「此指物自先祖 持来候 然而牛御前宮者 先祖千葉家被再興候 慶長18(1613)年9月15日 国分宗兵衛正勝敬白 牛御前別当最勝寺」とあります。
    また当社には、後刻と思われる貞観17年(875)銘をもつ板碑が所蔵されていましたが、震災時に損壊して現物は実見ことはできません。なお、その拓本が所蔵されています。(すみだの史跡文化財めぐりより)  (「牛島神社|墨田区向島の神社、牛御前社、本所総鎮守、旧郷社 – 猫の足あと」より)]

    [(墨田区登録文化財)
    撫牛(なでうし)
    所在地 墨田区向島一丁目四番 牛島神社内
     撫牛の風習は、江戸時代から知られていました。自分の体の悪い部分をなで、牛の同じところをなでると病気がなおるというものです。牛島神社の撫牛は体だけではなく、心も治るというご利益があると信じられています。また子どもが生まれたとき、よだれかけを奉納し、これを子どもにかけると健康に成長するという言い伝えもあります。
     この牛の像は、文政8年(1815)ごろ奉納されたといわれ、それ以前は牛型の自然石だったようです。
     明治初期の作家、淡島寒月の句に「なで牛の石は涼しき青葉かな」と詠まれ、堀辰雄は「幼年時代」で「どこかメランコリックな日ざしをした牛が大へん好きだった」と記すように、いつも人々に愛されてきました。
    平成十七年三月  墨田区教育委員会  (「ocr-generated ( 8… – Monumento(モニュメント)」より]

    牛鬼
    [民間伝承上の牛鬼は西日本に伝わっているが、古典においては東京の浅草周辺に牛鬼に類する妖怪が現れたという記述が多い。
    鎌倉時代の『吾妻鏡』などに、以下の伝説がある。建長3年(1251年)、浅草寺に牛のような妖怪が現れ、食堂にいた僧侶たち24人が悪気を受けて病に侵され、7人が死亡したという。『新編武蔵風土記稿』でもこの『吾妻鏡』を引用し、隅田川から牛鬼のような妖怪が現れ、浅草の対岸にある牛島神社に飛び込み、「牛玉」という玉を残したと述べられている。この牛玉は神社の社宝となり、牛鬼は神として祀られ、同社では狛犬ならぬ狛牛一対が飾られている。また「撫で牛」の像があり、自身の悪い部位を撫でると病気が治るとされている。この牛鬼を、牛頭天王の異名と牛鬼のように荒々しい性格を持つスサノオの化身とする説もあり、妖怪研究家・村上健司は、牛御前が寺を襲ったことには宗教的な対立が背景にあるとしている。
    室町時代には、浄瑠璃で語られた『牛御前伝説』が知られる。平安時代の豪族・源満仲のもとに産まれた娘は、牛の角と鬼の顔を持つために殺害されかけるが、女官が救い出して山中で密かに育て、牛御前と呼ばれるようになる。満仲は息子で妖怪退治の勇者・源頼光に始末を命じる。牛御前は関東に転戦し徹底抗戦、隅田川に身を投げ体長30メートルの牛鬼に変身して頼光軍を滅ぼしたという。
    東京都墨田区の牛島神社の撫で牛・wikipedia-photo  (wikipedia・牛鬼より)]

    資料リンク
    江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、四つ切左下・荒川の右下に移転前の牛御前社と弘福寺及び御膳所が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 牛御前辺」(各巻号コマ番号2/6・絵図右上に旧地の牛御前が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図右端中央付近・弘福寺右に旧地の牛ノ御前が描かれています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・牛御前宮長命寺

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「牛御前宮長命寺」(19-5)、「牛御前王子権現社解説-1・左ページ左から3行目より」(19-2)、「牛御前王子権現社解説-2」(19-6)、「牛御前王子権現社解説-3・左ページ中程過ぎまで」(19-7)

    牛嶋神社 – Google Map 画像リンク」、「なで牛 – Google Map 画像リンク

    カメラ位置は隅田公園で、カメラ東南東方向が牛島神社参道です。

    カメラ北北東方向が牛島神社です。

    牛の御前(牛島神社)境内のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *