秋葉稲荷神社

マーカーは秋葉稲荷神社です。

秋葉稲荷神社
[秋葉神社は、当地周辺を五百崎の千代世の森と呼び習わしていたころ千代世稲荷大明神と称して正応2年(1289)頃に創建したと伝えられます。元禄15年(1702)に千葉葉栄が修験道千葉山満願寺を創建し当社の別当寺となり、秋葉千代世稲荷合社として社殿を造営、明治元年に秋葉神社と改称しました。  (「猫のあしあと – 秋葉稲荷神社」より)]

[江戸名所図会の秋葉権現社ではこの付近を庵碕(イホサキ)と称しているが、秋葉神社縁起では五百崎(いほさき)の千代世の森と称してる。五百もの洲や浅瀬や崎がある地域の意で、潮が引けばたくさんの島が遠浅の海面から顔を出す、そういう地形であることが想像できる。新編武蔵風土記稿によれば、この地はもと大河に接する地なれば浮地(うきち)の名であったのを現在(いま)の字の「請地(うけち)」としたとあり、中州だったとみえる請地村には秋葉大権現があり、遠州秋葉権現正応年間(1288~93年)に勧請して稲荷と合祀されたとされている。ここにも「水神」が祀られていて秋葉権現と合祀され、三囲神社同様に江戸の発達で稲荷が表面化したものが現在の秋葉神社とみることもできるのである。  (「67 – 瘋癲爺 拙痴无の戯言・放言・歯軋り」より)]

秋葉神社(向島) – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が秋葉稲荷神社です。

秋葉稲荷神社資料リンク
国立国会図書館デジタルライブラリー – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図中央の右上方向・曳舟川と古川の交差点右上に秋葉山と秋葉神社が描かれています。)

[名所江戸百景・ 請地秋葉の境内(現在の墨田区向島の秋葉神社)wikipedia-photo]

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・庵碕秋葉権現宮千代世稲荷社

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「庵碕」(19-10)、「秋葉権現宮千代世稲荷社」(19-12)、「秋葉大権現社解説・右ページ左から3行目より」(19-11)、「庵碕解説・左ページ2行目から」(19-27)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*