藍や松善 藤澤 幸宏(藍染博物館)

マーカーは藍や松善 藤澤 幸宏(藍染博物館)です。

藍や松善 藤澤 幸宏(藍染博物館)
[墨田の地で、120年藍染職人として二代目、三代目が現在も藍染の製品を作り続けています。江戸ゆかたは、今では、東京で三軒ほどしか製造しておりません。技法が機械化され少なくなってしまいました。型紙を彫ってくれる職人の技術など、何人かの手を借りて一つの製品が出来上がります。是非御見学ください。見学は午後1時~5時。土、日、祭日。体験はお電話で御予約下さい。
明治18年生まれの初代 善二郎、大正13年生まれの二代目 謙二、昭和34年生まれの幸宏と稼業を継いできました。私は染色の専門学校を卒業後、藍染の仕事に弟子入りし、家の仕事に入りました。30年の時が過ぎ、50歳を過ぎてしまいました。
仕事に失敗はつきものですが、失敗の経験を何度も繰り返した事が今になってみれば、良い経験だと思っています。頭で覚えたのではなく、身体に仕事がしみ込んで行く、それが職人の技に繋がっていくのだと思います。  (「藍染仕立て 藤澤 幸宏 – 墨田区伝統工芸保存会」より)]

[すみだマイスターである藤澤さんの卓越した技術や「総柄藍染伴天」「長板中形藍染ゆかた」「藍染のれん」といった作品、製作に使用される型紙や道具等を見学することができます。また、事前連絡があれば藤澤さんから直接説明を受けることもできます。
【展示内容】「総柄藍染伴天」「長板中型藍染ゆかた」等
【技術名称】総柄藍染伴天・長板中形藍染ゆかた・型付染色
【住所】墨田区京島一丁目29番1号
    1-29-1 ,Kyojima,Sumida-ku,Tokyo,Japan
【最寄駅】京成押上線 京成曳舟駅 5分
【バス】明治通り 8分
【開館日】月曜日から日曜日<土日は要予約>
【開館時間】午後1時から午後5時まで(土日は12時から)
【電話番号】03-3611-6760
【体験】体験可(要予約)
【代表者】藤澤 幸宏
【運営団体】藍や松善  (「藍染博物館・藤澤幸宏 – 墨田区」より)]

藍染博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が藍や松善 藤澤 幸宏(藍染博物館)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*