おとめ山公園

マーカーはおとめ山公園です。

おとめ山公園
[おとめ山公園(おとめやまこうえん)とは、東京都新宿区下落合二丁目にある新宿区立の公園。
概要
目白台地から神田川を臨む南傾斜地にあり、敷地内の斜面からは東京の名湧水57選に選ばれているわき水が出ている。この水を利用してホタルの養殖が行われており、毎年7月には「ホタル鑑賞会」が開催される。(昔は祭だったが経営上の問題で廃止になった。)敷地内は起伏に富み、などの落葉樹が生い茂り、かつての武蔵野の原野の風景を留めている。また見晴台からは高田馬場の街越しに新宿新都心を一望することができる。この公園の池にはカルガモが飛来し繁殖するため、通り抜ける道路には「カルガモ注意」の標識が設置されている。
歴史
おとめ山は御留山と書き、江戸時代にこの一帯が徳川家の狩猟地で一般人の立ち入りが禁止されていたことからこの名前がある。この公園の北方、豊島区目白三丁目所在の徳川黎明館、さらにその北にある「上り屋敷」地区(かつては西武池袋線の駅あり)と合わせ、江戸時代にはこの一帯が徳川将軍家の所有だった。 このおとめ山の歴史については隣接する新宿区立落合第四小学校の校歌にも歌われている。
明治時代にはこの徳川家の土地を近衛家相馬家が所有し、相馬家の所有部分は「林泉園」いう庭園となった。
第二次世界大戦後は国有地として荒れ果て、国家公務員住宅の建設予定地となっていた。「落合秘境」と呼ばれていたこの自然を残してほしいとする近隣住民の強い要望が実り、東京都が3年をかけて整備を行い、1969年7月1日に公園として開園した。開園と同時に新宿区に移管され、以後区立公園として現在に至っている。
公園に隣接する公務員住宅の廃止に伴い、敷地を新宿区が買い取って公園用地として拡張整備を行い、2014年10月26日に全面開園した。
新宿区立の公園として新宿中央公園に次ぐ規模となる。
おとめ山公園の入口(2006年4月撮影)・wikipedia-photo  (wikipedia・おとめ山公園より)]

[公園中央部に道路(通称名:おとめ山通り)があり、公園が西側と東側に分かれています。
  西側の園内はコナラやスダジイなどの雑木林で構成され、かつての武蔵野の景観を残しており、森林浴を楽しむことができます。高台には見晴台があり、また中央部の谷間には湧水によってできた池があります。池の源流にはサワガニ・ヌマエビなども見ることができます。
  当時、このあたりが蛍の名所であったことから、湧水を利用した蛍の飼育所があり、住民の方々によってヘイケボタルの飼育やイベントがおこなわれています。
  東側の園内は大きな池(弁天池)があり、天気のいい日には亀の甲羅干しが見られます。
  新たに拡張整備した区域では、かつてこの地にあった谷戸地形(台地などが浸食されて作られた谷状の地形)や、武蔵野の原風景である雑木林を再生したほか、大正から昭和初期にかけて、この地に屋敷を構えた相馬子爵邸の面影を偲ぶ「芝斜面」を再現するなど、この土地が持つ自然や歴史の記憶の再生に努めました。  (「おとめ山公園:新宿区」より)]

道路両側がおとめ山公園で、おとめ山公園西側入口のストリートビューで、カメラ北方向におとめ山公園碑があります。

おとめ山公園西側の湧水によってできた池のストリートビューです。

おとめ山公園東側の弁天池のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*