下落合二丁目の庚申塔

マーカーは下落合二丁目の庚申塔です。

登録有形民俗文化財 「下落合二丁目の庚申塔」
[下落合氷川神社前の路傍にある庚申塔で、文化13年(1816)に立てられたものです。形態は駒型で、邪鬼を踏みつけた青面金剛像を主尊とし、邪鬼の下には三猿が刻まれています。石塔の右側面には「左ぞうしがや道」、左側面には「右ばば下道」と刻まれており、道標も兼ねた石塔であったことがわかります。高さ68㎝。
 道標を兼ねた庚申塔は、新宿区内では唯一のものです。現在、下落合氷川神社前の路傍に立っているこの庚申塔は、原位置から移動している可能性もありますが、東山藤稲荷神社新井薬師梅照院への参詣路でもあった道筋に面しており、江戸時代における地域の交通路を知ることができます。  (「新宿区の指定・登録文化財と地域文化財 – 新宿区役所」より)]

カメラ北方向・電柱の左に庚申塔があります。また、カメラ西方向が下落合氷川神社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*