本立寺

マーカーは本立寺です。

本立寺
[本立寺は、元和4年(1618)に創建、善了院日詠が開山したといいます。
●「豊島の寺院」による本立寺の縁起
元和4年(1618)創立、文政11年(1828)9月法明寺_(豊島区)の末寺となり、山主の隠居所として使われていたが、その後久遠寺末となる。7世日意姫路城榊原家の宝延寿院の帰依をうけた。以来、榊原家の裏方菩提所となる。昭和20年の戦災で全焼し、現在の建物は雑司ヶ谷公園よりにあった境内が、戦後、区画整理に伴い現在地に移転。
新編武蔵風土記稿による本立寺の縁起
(雑司ヶ谷村)本立寺
清慶山と號す、本尊釋迦開山は善了院日詠と云。(新編武蔵風土記稿より)  (「本立寺|豊島区南池袋にある日蓮宗寺院 – 猫の足あと」より)]

[JR池袋駅の南東、徒歩5分。寛永年間(1624~44年)に善学院日詠によって創建されたと伝えられるが、明らかではない。後に、播州国姫路藩榊原家6代榊原政邦の生母延寿院が埋葬されてから、奥方代々の菩提寺となった。境内には延寿院の五輪塔をはじめ代々奥方の墓碑がある。また、吉原きっての名妓であった榊原高尾のものとされる墓がある。高尾は榊原家八代榊原政峯(播州姫路城主)により身受けされて、これが公儀のとがめを受け、榊原家が越後国高田藩へ国替えされる原因となった。高尾は尼となって天明9年(1789年)にこの寺で没した。池袋の繁華街から近いが、ひっそりしたたたずまいを見せている。  (「東京ガイド」より)]

本立寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 音羽絵図」(絵図上左方向の中央付近に本立寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 5号」(コマ番号2/6・四つ切左下に「本立寺」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [27]貮拾利」(コマ番号4/7・地図右下に本立寺が描かれています。)

本立寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が本立寺山門です。

本立寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*