東池袋栄町通り、美久仁小路

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    Goo 地図 – 昭和22年写真」[赤のマークが森田組東口マーケットです。]

    [池袋駅近傍に発生した闇市を起源とするマーケットの特徴は、大規模なものが東口では交通疎開空地に、西口では豊島師範学校の焼跡に発生したことである。交通疎開空地とは、戦中期に主要な駅周辺に防空のために、延焼の恐れがある木造の建物を取り壊してつくられた駅前広場のような空地である。交通疎開空地も豊島師範学校もともに公有地であり、建設時には土地一時的な使用が認められ、不法占拠ではなく合法的にマーケットが建設された。東口の交通疎開空地には東京露店商同業組合の池袋支部長である森田信一が森田組東口マーケットを建設し、西口の豊島師範学校の焼跡は文部省と借地契約を結んだ複数の主体が復興商店街、仁栄マーケット(華僑系のマーケット)、永安公司、上原組マーケットなどのマーケットを建設した。
    池袋駅近傍の戦災復興過程では、東口の区画整理が極めて早期(1949〜1951年頃)に進んでおり、都内でもっともスムーズに進んだ場所のひとつである。この背景には、駅からほど近い場所にありながら雑木林として、市街地化していなかった根津山の存在があった。東武鉄道根津嘉一郎がつくった根津育英会が所有していた土地であったため、根津山と呼ばれていた。この根津山が闇市の整理の際に切り売りされたことで、マーケットや露店の営業者の移転地が捻出されたため、早期に区画整理が進んだものと考えられる。森田組東口マーケットの営業者は、美久仁小路、栄町通り、末廣住宅組合、池袋新天地株式会社へ、露店の営業者は人生横丁などの新設マーケットへ移転するもののほか、個人で土地を取得し地主になっていく者もいた。

      (「池袋の闇市 | blog_CHINABLOG | 東京修学旅行プロジェクト」より)]

    東池袋栄町通り、美久仁小路
    [東池袋一丁目には、人世横町、ひかり町通り、栄町通り、美久仁小路(みくにこうじ)という計4つの名物飲食店街があった。戦後の闇市の面影を残して独特の雰囲気を持ち、多くのファンを惹きつけていたが、21世紀に入り再開発によって前二者は消滅した。しかし、後二者は健在であり、チェーン店には無い個性と昭和ノスタルジーが残ることで人気がある。なお、人世横町と美久仁小路は、青江三奈ミリオンセラーとなった楽曲『池袋の夜』(1969年)にも登場する。人世横丁は、グリーン大通り北東側の豊島岡女子学園に隣接していたが、2008年(平成20年)10月31日に再開発のため灯りを消し、その土地は、ニッセイ池袋ビルの一部分となっている。同ビル敷地には、明治天皇野点の碑もある。  (wikipedia・東池袋より)]

    【記憶の風景】命つないだ都心の闇市 東京・東池袋 – 読んで見フォト – 産経 …

    東池袋 栄町通り 美久仁小路 散策 東京都豊島区東池袋一丁目(youtube)

    カメラ北方向が栄町通り南口で、入口右・カメラ東北東方向はハンバーガー専門店「EAST VILLAGE」です。(『こじんまりしたハンバーガー専門店』by よーこ@ハワイ大好き … )

    東池袋栄町通りには、「小料理酊八」「海老と馬肉と日本酒」「かき小屋」「Bar Fora」「TOMATO×TOMATO」「内弁慶」「美里」「江戸一」「ルビーⅡ」「鈴」「小料理七尾」「魚徳」があります。

    カメラ西方向が栄町通り東口です。

    カメラ東方向が美久仁小路西口です。

    しょうちゅうざんまい」のストリートビューです。(しょうちゅうざんまい – 池袋/居酒屋 [食べログ])

    カメラは沖縄料理・居酒屋「茶花」のストリートビューで、カメラ南西方向に大衆酒場「ふくろ 美久仁小路店」があります。また、カメラ東方向右に「ずぼら」の別館があります。(「沖縄料理・居酒屋 茶花 (ちゃばな) – 東池袋/居酒屋 [食べログ]」、「大衆酒場 ふくろ 美久仁小路店 – 東池袋/居酒屋 [食べログ]」)

    カメラ西北西方向が美久仁小路東口で、小路右角に老舗居酒屋「ずぼら」、左角にからあげ専門店「天下鳥ます 池袋東口店」があります。(ずぼら – 池袋/居酒屋 [食べログ])

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *