田島橋(落合)

マーカーは田島橋です。

田島橋(落合)
[田島橋の由来
 江戸時代、鼠山(現豊島区)に下屋敷があった安藤但馬の守がよくこの橋を渡ったため、「但馬」を「田島」としてこの橋の名がついたといわれています。
 この橋は江戸時代の初めには既に架けられていたようで、初めは仮橋だったものを後に土橋に改めたと伝えられています。
 この橋の上流には犀が淵という深い淵があって、江戸時代には高田十二景といわれる月の名所の一つとして知られていたそうです。 (説明板より)
神田川を渡ると町名は下落合から高田馬場に変わります。ところでこの「落合」という地名の意味。全国の「落合」という地名は、そこがかつて必ず川と川の合流地点であるよう。ここ落合も徳川家康が引かせた上水神田川と妙正寺川とが合流する地点であることから落合という地名が出来たのでしょうね。  (「中井・落合・南長崎・椎名町 探検|今日は何をレポートしようかな? -2」より)]

カメラ北西方向が田島橋で、田島橋の傍に『落合惣図「田島橋の由来」』と書かれた説明板が設置されています。

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・落合惣図(絵右端中央に田島橋が描かれている)、落合蛍(絵中央に田島橋が描かれている)、一枚岩


[田島橋の上流が神田上水と妙正寺川の合流点で、二つの川が落ち合うことから「落合」の地名が起こったといわれております。落合土橋も田島橋の上流にありました。現在の落合橋辺りとする説もありますが、「江戸名所図絵」の「落合惣絵」で見ると、一枚岩の上流の妙正寺川に土橋が見え、こちらの可能性もあります。この辺りは螢狩りの名所として知られていました。ここの螢は大きく、強い光を発するといわれ、螢の名所京都の宇治や近江の瀬田にも勝り、夜空の星のように乱れ飛んでいたそうです。「江戸名所図絵」には螢の名所として俤の橋と落合土橋をあげています。また落合螢の項のさし絵は、背景から見て田島橋や氷川神社の少し下流あたりが描かれているようです。当時の神田川上水は高田から落合にかけて、数多くの螢が生息していたようです。蛍狩りは、芒種(ぼうしゅ)から夏至の間が盛りで、日が暮れると夕涼みをかねて人が集まりました。月見の名所でもあり、人々は時間を忘れて楽しみました。
さし絵で見ると、人々は竹の葉をつけた竿や団扇を使い、田んぼの畦や小川の岸辺で螢を追っています。捕らえた螢を入れる虫籠をもっています。子供連れの家族が多いようですが、男どうしのグループも何組か見られます。武家や大店に奉公する者が主人のために螢を捕りに来たのか、あるいは虫売りを商売とする者でしょう。江戸の人たちは、螢やこおろぎ、松虫、鈴虫などを飼い、その光や声を楽しんでいたようです。 ※新宿歴史博物館「落合ほたる」参照  (「落合ほたる What’s New – 新宿区染色協議会」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「一枚岩」(12-16)、「落合惣図」(12-17)、「落合蛍」(12-18)、「落合土橋解説・右ページ中程より」(12-13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*