薬王院

マーカーは薬王院です。

薬王院
[真言宗豊山派寺院の瑠璃山医王寺薬王院は、奈良長谷寺の末寺で、東長谷寺と称されています。鎌倉時代相模国大山寺を中興した願行上人による開山と伝えられます。また、長谷寺から移植されたボタンが有名で、現在40種類、1,000株あり、ボタン寺、牡丹寺とも呼ばれています。御府内八十八ヶ所霊場36番札所、豊島八十八ヶ所霊場36番札所です。

『真言宗豊山派の寺院で、瑠璃山薬王院医王寺という。また東長谷寺ともいう。開山は鎌倉時代、相模国大山寺を中興した願行上人という。その後兵火に遭い荒廃したが、江戸時代延宝年間(1673-81)実寿上人が中興し、元文年間(1736-41)火災により焼失し幕末にいたった。現在の庫裡明治11年の再興である。本尊薬師如来。境内には石造品が多く、江戸時代初期、寛永年間(1624-44)頃からの墓石も多い。また本寺には、中世板碑が8点保存されている。徳治2年(1307)、建武5年(1338)、貞治6年(1367)の3枚は、保存状態も良く貴重である。境内では各種の牡丹を栽培しているので、牡丹寺と呼ばれ、4月末から5月上旬には見物客で賑わう。(新宿区の文化財より)』  (「猫のあしあと – 薬王院」より)]

薬王院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が薬王院参道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*