関口芭蕉庵

マーカーは関口芭蕉庵です。

関口芭蕉庵
[関口芭蕉庵(せきぐちばしょうあん)は、東京都文京区関口にある史跡。かつて松尾芭蕉神田上水の改修工事に携わった際に住んでいた住居跡が元になっている。敷地内は芭蕉堂や庭園、池などからなっている。松尾芭蕉が二度目に江戸に入った後に請け負った神田上水の改修工事の際に1677年(延宝5年)から1680年(延宝8年)までの4年間、当地付近にあった「竜隠庵」と呼ばれた水番屋に住んだといわれているのが関口芭蕉庵の始まりである。後の1726年(享保11年)の芭蕉の33回忌にあたる年に、「芭蕉堂」と呼ばれた松尾芭蕉やその弟子らの像などを祀った建物が敷地に作られた。その後、1750年(寛延3年)に芭蕉の供養のために、芭蕉の真筆の短冊を埋めて作られた「さみだれ塚」が建立された。また「竜隠庵」はいつしか人々から「関口芭蕉庵」と呼ばれるようになった。1926年(大正15年)には東京府(現:東京都)の史跡に指定された。また芭蕉二百八十回忌の際に園内に芭蕉の句碑が建立された。芭蕉庵にある建物は第二次世界大戦による戦災などで幾度となく焼失し現在のは戦後に復元されたものである。現在では講談社光文社キングレコードらが中心となって設立された「関口芭蕉庵保存会」によって維持管理されており、池や庭園などもかつての風情を留めた造りとなっている。
開園時間
10時から16時30分まで。定休日は月曜日。入場は無料。
なお普段は正門は閉ざされているので、出入りは横の通用口からとなっている。
関口芭蕉庵正門・wikipedia-photo  (wikipedia・関口芭蕉庵より)]

芭蕉庵資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 音羽絵図」(絵図四つ切左下中央付近に水神別当と関口芭蕉が住居した水番屋が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・芭蕉庵五月雨塚駒留橋八幡宮水神宮

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「芭蕉庵五月雨塚駒留橋八幡宮水神宮」(12-27)、「龍隠庵解説・左ページ中程より」(12-25)、「水神社、八幡宮、駒留橋解説・右ページ4行目まで龍隠庵解説-2、5行目から水神社、八幡宮、駒留橋解説」(12-28)

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「・・・北村季吟翁目白の辺り流儀荘・・・」(3-7)[松尾芭蕉の師・北村季吟は、晩年は江戸目白台の松平大炊の守邸内の別邸で過ごした。(「芭蕉の門人たち」より)、とありますのでここに貼り付けました。]

関口芭蕉庵 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向に関口芭蕉庵がありま、カメラ方向右に関口芭蕉庵正門が左胸突き坂側に通用門があります。

カメラ位置は胸突き坂下の鳥瞰カメラで、カメラ初期設定方向が関口芭蕉庵通用門でその先に関口芭蕉庵があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*