雑司が谷旧宣教師館

マーカーは雑司が谷旧宣教師館です。

雑司が谷旧宣教師館
[雑司が谷旧宣教師館は、明治40年にアメリカ人宣教師のジョン・ムーディー・マッケーレブが自らの居宅として建てたものです。マッケーレブは、昭和16年(1941)に帰国するまでの34年間この家で生活をしていました。豊島区内に現存する最古の近代木造洋風建築であり、東京都内でも数少ない明治期の宣教師館として大変貴重なものです。
また、当時の新興住宅地における布教活動と幼児教育の拠点としての意味を持っていたことを地域の人が記憶しており、昭和62年9月1日に、豊島区の登録有形文化財として登録し、その後、特に重要な文化財として保存、活用をさらに進めるため、平成4年11月10日に、指定文化財としました。その後、平成11年3月3日、東京都指定有形文化財(「旧マッケーレブ邸」)になりました。
この建物は、木造総2階建て住宅で、全体のデザインはシングル様式であり、細部のデザインにはカーペンターゴシック様式を用いており、19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を写した質素な外国人住宅です。
豊島区では、昭和57年に取得して以来、建物調査、保存修理工事などを経たのち、平成元年1月から館内に関連資料等を展示し一般公開を行なっています。  (「雑司が谷旧宣教師館の概要・沿革|豊島区公式ホームページ」より)]

雑司が谷旧宣教師館【利用案内・地図】|豊島区公式ホームページ

雑司が谷旧宣教師館 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が雑司が谷旧宣教師館です。