鬼子母神大門ケヤキ並木

マーカーは鬼子母神大門ケヤキ並木です。

鬼子母神大門ケヤキ並木
[天正年間(1573~92)に雑司ヶ谷村の住人長島内匠が奉納したという。1937(昭和12)年には18本あったが、現在は4本のみ。秋田雨雀らが保存会を結成し、都天然記念物に指定された。江戸時代には茗荷屋・蝶屋・耕向亭などの料理茶屋が軒を連ねた。
▲ 雑司が谷3-16-19  (「東池袋・南池袋・雑司が谷コース – 豊島区商店街連合会」より)]

[鬼子母神堂は、江戸時代から子授け、安産の御利益があるとされ、多くの参詣者を集めてきました。江戸後期には、将軍の御成もあったほど大いに繁盛しました。参道には名物の大きなケヤキ並木とたくさんの茶店、料亭などが並び、参詣土産には、現在も造られている「すすきみみずく」などが売られていました。かつては大径のケヤキが多く、荘厳な風景をかもし出していましたが、現在は徐々に若いケヤキに植え替えられ、巨木は4本のみです。毎年10月に行われるお会式(おえしき)には万灯行列が周辺を練り歩き、往時のにぎわいを伝えています。  (「詳細情報 : 東京都文化財情報データベース」より)]

江戸高名会亭尽 雑司ケ谷之図 – 国立国会図書館

鬼子母神大門 けやき並木 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が鬼子母神大門ケヤキ並木です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*