鍋島松濤公園(紀州徳川家下屋敷跡)

スポンサーリンク

マーカーは鍋島松濤公園です。

鍋島松濤公園(紀州徳川家下屋敷跡)
[鍋島松濤公園(なべしましょうとうこうえん)は、渋谷区が管理する公園のひとつ。東京都渋谷区松濤二丁目にある。
湧水池を中心に各種草花が彩る公園である。当公園の湧水池は渋谷界隈でも数少ない湧き水のひとつとなっており、水車も設置されている。
公園の面積は5012m2公園の名称は、かつてこの地にあった茶園 『松濤園』に因む。
●開園時間: 常時開園
●料金: 入園無料
京王井の頭線神泉駅より徒歩3分、また渋谷駅より徒歩12分
元々当地一帯は江戸時代には紀州徳川家下屋敷があったところで、1876年(明治9年)に佐賀鍋島家に払い下げられた。鍋島家は当地に茶園を開いて「松濤園」と名付け、「松濤」という名で茶の販売も行っていた。1932年(昭和7年)になると茶園は廃止され、湧水池のある一角が児童遊園として整備され、1932年(昭和7年)に東京市に寄贈された後、1950年(昭和25年)からは渋谷区に管轄が移されて現在に至っている。
鍋島松濤公園・wikipedia-photo  (wikipedia・鍋島松濤公園より)]

[この一帯はもともとの地名を大山といい、江戸時代には紀州徳川家の下屋敷があった。1876年(明治9年)、旧佐賀藩主の鍋島家がこれを譲渡され、狭山茶を移植して茶園を開き、「松濤園」と命名した。茶の銘柄も『松濤』とされ、一時は東京市中に知られたものの、1890年(明治23年)に東海道線が開通すると静岡産などが流入、松濤園の茶業は振るわなくなった。
このため茶園は廃止され、1904年(明治37年)には果樹園となって畑果樹園種蓄牧場 「鍋島農場」と呼ばれた。農場地は大正時代の関東大震災を契機として移住者向けに分譲されて高級住宅地となった。1924年(大正13年)、鍋島家は涌水池のあった一角を児童遊園として公開、さらに1932年(昭和7年)10月にはこれを東京市に寄付し、1934年(昭和9年)4月からは渋谷区によって管理されることになった。
この間、「松濤」は1928年(昭和3年)に住所町名として採用された。湧水地のある広大な鍋島侯爵邸は戦後の華族制度廃止により公園として整備され現在では鍋島松濤公園となった。  (wikipedia・松濤より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [4]拾六中]」(コマ番号5/5・地図左中央に紀伊殿下屋敷と描かれ、紀伊殿下屋敷右方向に鍋島松濤公園の湧水池となる神泉谷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [3]拾六中」(コマ番号104/136~106/136・右ページに紀伊殿下屋敷が描かれています。)

カメラ西北西方向が鍋島松濤公園です。

鍋島松濤公園内のカメラです。

スポンサーリンク