青山大膳亮下屋敷跡(現青山墓地)

スポンサーリンク

マーカーはカメラ位置です。

青山大膳亮下屋敷跡(現青山墓地)
青山忠成
[青山 忠成(あおやま ただなり、天文20年8月6日(1551年9月6日) – 慶長18年2月20日(1613年4月10日))は戦国時代から江戸時代初期にかけての徳川氏の武将であり、重臣。常陸国江戸崎藩初代藩主。青山家宗家初代。青山忠門の長男。母は卯野某の娘。正室は天方通興の娘。子に青山忠次(長男)、青山忠俊(次男)、朝比奈泰重(三男)、青山幸成(四男)、天方通直(五男、天方通興養子)、娘(川口近次室)がいる。官位は従五位下、常陸介、播磨守。
青山氏は三河国額田郡百々村(現在の愛知県岡崎市)出身の国人で、忠成の父・忠門(青山忠世の子)が松平広忠と家康に仕えたことから記録に残る。忠成は若年期から家康に近侍していたが、1572年(元亀2年)、父が武田信玄との戦いで討死したために家督を継いだ。徳川家康の信任は厚く、1585年(天正13年)には家康の一子徳川秀忠の傅役に命じられた。1588年(天正16年)には秀忠に従って上洛、豊臣秀吉によって従五位下常陸介に叙任されている。さらに1590年(天正18年)、家康が豊臣秀吉の命で関東に移封されると、江戸町奉行に任命され、同時に5,000石(1593年には2,000石加増)の領地を与えられるとともに、原宿村を中心に赤坂の一部から上渋谷村にかけての広い屋敷地を賜った。なお現在の東京・青山の地名は、彼の屋敷地であった一部であったことから名づけられたといわれている。なお、江戸時代に一時期青山氏が改易された際に、屋敷地も没収され、広大な土地には毛利氏の別邸など、大名屋敷が林立することとなる。のち青山氏は大名として復帰した際にも以前ほどではないものの小大名とは思えないほど広大な敷地を有している。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いにおいては秀忠の軍に従軍し、遅参したものの翌1601年(慶長6年)に常陸江戸崎1万5,000石の所領を得ている。さらに江戸奉行・関東総奉行を兼任し、江戸開府後も本多正信内藤清成とともに幕政において重きを為している。1606年(慶長11年)、内藤とともに一時蟄居を命ぜられているが、すぐに赦免されている。同年1万石を加増され、所領は2万5,000石となった。1613年(慶長18年)没し、後を次男・忠俊が継いだ。  (wikipedia・青山忠成より)]

[1872年(明治5年)、美濃国郡上藩(現在の岐阜県郡上市)の藩主だった青山家下屋敷跡に開設された。当初は神葬祭墓地であった。1874年(明治7年)9月1日、市民のための公共墓地となった。1889年(明治22年)、東京府から東京市に移管された。1926年(大正15年)、斎場の建物のすべてが東京市に寄附され、日本で初めての公営墓地となった。  (wikipedia・青山霊園より)]

桜八分咲きの青山霊園:西麻布寄りの入口から桜のトンネルへ ..」、「東京都内桜スポット/東京青山霊園の桜 – 東京桜スポット

青山大膳亮下屋敷資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 青山渋谷絵図」(絵図右下に青山大膳亮下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 青山辺場末絵図 : 寛保延享之頃」(コマ番号2/3・絵図中央に「青山大膳亮」と描かれています。)

カメラ位置は青山墓地中央交差点です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*