二合半坂

スポンサーリンク

マーカーは二合半坂標識です。

[九段中学校前から「大神宮通り」に向かって下る坂です。『江戸砂子』に「日光山半見ゆる故ともいふとあり、富士山は一合より十合まで数ふる例に因り、日光山を五合に見つもりていへるにや」とあります。つまり五合の半分であれば二合半というわけでしょう。なお、二合半は一升の半分の半分すなわち四半分で、この分量は「こなから」といわれるところから、「こなからざか」とも呼ばれてきました。   (「千代田区総合ホームページ – 二合半坂(にごうはんざか) 」より)]

神田孝平
[暁星学園のそばには、維新後、現代財政制度の先駆けとなった「地租改正」を提案した神田孝平(たかひら)と、英語教育の先駆者で、日本で最初のコンサイス(袖珍コンサイス、とある)を出した、息子の神田乃武(ないぶ)の家がありました。孝平は、明治維新の財源を、江戸時代の物納(年貢)に代わり、カネ(地租という固定資産税)による納税に改めさせ、現在の登記制度の基礎をつくりました。海外事情に精通した彼は、日本の言葉を英語に変える提案もし、息子をアメリカに7年間留学させました。帰ってきた乃武は日本語を忘れたため、通訳を介して孝平と対話したそうです。納税の見返りに国民全てに与えられた不動産は、その後、価格が高騰し(明治35年から10年で3倍)、土地バブルを繰り返しました。  (「千代田区観光協会 – 第74回  九段下界隈 その3」より)]

二合半坂資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」[嘉永3年(1850年)尾張屋版絵図右端から二つ目の通りが二合半坂で、モチノ木坂との交点右に川路左衛門尉と描かれています。]、「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」(安政7年(1860年)尾張屋版右端から二つ目の通りが二合半坂で、モチノ木坂との交点右に新見豊前守と描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 小川町駿河台元飯田町辺 : 文化五年調」(コマ番号3/4・絵図中央下方向に「二合半坂」が描かれています。)

二合半坂上・カメラ北北西方向が二合半坂になります。カメラ南方向右側・現在の暁星中・高等学校に敷地に川路聖謨新見豊前守が相前後して住居したことがあります。

カメラ北方向に二合半坂標識があります。また、この付近に明治維新後・神田孝平が住居していました。

二合半坂下・カメラ南東方向が二合半坂です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*