伊東玄朴屋敷(奥医師時代) 跡

マーカーはカメラ位置です。

伊東玄朴
[伊東 玄朴(いとう げんぼく、寛政12年12月28日(1801年2月11日) – 明治4年1月2日(1871年2月20日))は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての蘭方医江戸幕府奥医師。名は淵。近代医学の祖で、官医界における蘭方の地位を確立した。妻は長崎のオランダ語通詞・猪俣傳次衛門の長女・照(1812年-1881年)。
寛政12年(1801年)、肥前国(現在の佐賀県神埼市神埼町的仁比山)にて仁比山神社に仕える武士・執行重助の子として誕生。のちに佐賀藩士・伊東家の養子となる。実家の執行家は、佐賀藩着座執行家および櫛田宮社家執行家の一族と考えられる。また、養家の伊東家は、戦国時代龍造寺氏の譜代家臣・伊東家秀の子孫にあたる。
長崎の鳴滝塾で、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトよりオランダ医学を学ぶ。文政11年(1828年)のシーボルト事件では連座を免れた。
佐賀藩にて牛痘種痘法を実践し、安政5年(1858年)には大槻俊斎戸塚静海らと図り江戸にお玉が池種痘所(お玉ヶ池種痘所跡)を開設。弟子の池田多仲を同所の留守居とした。同年7月3日、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の脚気による重態に際し、漢方医の青木春岱・遠田澄庵、蘭方医の戸塚静海とともに幕府奥医師に挙用される。蘭方内科医が幕医に登用されたのは、伊東・戸塚が最初である。玄朴はこの機を逃さず蘭方の拡張を計り、同7日には伊東寛斎竹内玄同の増員に成功した。これにより蘭方内科奥医師は4名となったのである。さらに同年10月16日、時のコレラ流行を利用し、松本良甫・吉田収庵・伊東玄圭ら蘭方医の採用を申請した。
文久元年(1861年)より、西洋医学所の取締役を務めた。同年12月16日には蘭方医としては初めて法印(将軍の御匙=侍医長に与えられる僧位)に進み、長春院と号し名実ともに蘭方医の頂点に立った。のちの緒方洪庵の江戸招聘も玄朴らの推挽によるところが大きい。文久3年(1863年)1月25日、松本良順の弾劾により失脚、小普請入り。元治元年(1864年)10月28日、小普請医師より寄合医師に昇格、いくぶん地位を回復するが、以後奥医師に返り咲くことはなかった。
明治4年(1871年)、死去。(墓は、東京都台東区谷中4-4-33 天龍院
なお養子の伊東方成は、幕末期に林研海とともにオランダで医学を修め、明治天皇の侍医を勤めた。  (wikipedia・伊東玄朴より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」[安政7年(1860年)改正尾張版絵図中央下・講武所上に伊東玄朴と描かれています。安政6年(1859)7月奥医師となった後に和泉橋通りの住居から移転したと思われます。]

カメラ南南西方向付近に伊東玄朴屋敷がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*