冬青木(もちのき)坂

マーカーは冬青木(もちのき)坂の標柱です。

冬青木(もちのき)坂
[檎(もち)の木坂とも書きます。和洋女子学園前からホテルグランドパレスの南側を「目白通り」に下る坂です。『新編江戸志』に「此所を冬青木坂といふこといにしへ古びたるもちの樹有しより、所の名と呼しといへども、左にあらず、この坂の傍に古今名の知れざる唐めきて年ふりたる常盤木ありとぞ。目にはもちの木と見まちがへり。……」とあります。別名「万年坂」ともいわれています。いずれにしろ近くの古木に因んで名付けられたのでしょう。  (「千代田区総合ホームページ – 冬青木坂(もちのきざか)万年坂(まんねんざか) 」より)]

冬青木(もちのき)坂資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」[嘉永3年(1850年)尾張屋版絵図右端から二つ目の通りが二合半坂で、その上方向の通りにモチノ木坂と描かれています。その交点右に川路左衛門尉と描かれています。]、「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図」(安政7年(1860年)尾張屋版二合半坂とモチノ木坂との交点右に新見豊前守と描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 小川町駿河台元飯田町辺 : 文化五年調」(コマ番号3/4・絵図中央に「モチノキ坂」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 1号」(コマ番号5/6・絵図上中央左方向「稲荷」左が中坂、中坂の左に描かれる坂が冬青木(もちのき)坂です。)

冬青木坂上・カメラ東方向が冬青木(もちのき)坂です。また、カメラ北北西方向に二合半坂があり、カメラ西北西方向が暁星中・高等学校でこの地に川路聖謨新見豊前守が相前後して住居したことがあります。

坂右に冬青木(もちのき)坂の標柱があります。

冬青木坂下・カメラ西方向が冬青木坂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*