新井白石屋敷跡付近

マーカーはカメラ位置です。

一ッ橋通町
[[現]千代田区一ツ橋二丁目(Google Maps)・神田神保町二丁目(Google Maps)
明治5年(1872)に起立。南の一ッ橋門と北の雉子橋(きじばし)間の堀端に面する町で、北西は今川小路一丁目、北は南神保町。江戸時代はおおむね武家地。なお寛永江戸図では南北の橋が逆転して記され(東京市史稿)、水野大和・小栗忠七などの屋敷があった。沿革図書などによると、延宝年間(1673 – 1681)は堀端の一ッ橋御門前に松平備前守、雉子橋前に酒井伊予守邸、北方は井上筑後守・神保新右衛門などの拝領地があった。元禄年間(1688 – 1704)の絵図を見ると南部は明地となり、北部は御舂屋と武家地。宝永7 – 8年(1710 – 1711)の絵図では明地は遠藤下野守などの屋敷や寿光院殿御用屋敷となっているが、享保2年(1717)には火災のため再度明地となり四番明地と呼称され(沿革図書)、隣接する三番明地などとともに護持院原とよばれた。文久元年(1861)には南部が四番明地、東西往還を挟み北は丹波国亀山藩松平(形原)家上屋敷と本郷丹波守ほか武家地で、北側は神保小路。正徳2年(1712)の図にみえる新井筑後守は朱子学者・政治家の新井白石。四番明地は幕末には開成所の敷地となった。  (「一ッ橋通町 | 仲介手数料最大無料の東京賃貸事情」より)]

カメラ位置は雉橋通の一ッ橋二丁目/神田神保町二丁目交差点で、カメラ南方向が雉子橋です。この付近から雉子橋の間に新井白石屋敷があったと思われます。

新井白石
[新井白石の父・正済は上総国久留里藩に仕官し、目付をつとめている。白石は明暦の大火の翌日の明暦3年(1657年)2月10日、焼け出された避難先で生まれた。聡明だが気性が激しく、しかも怒ると眉間に「火」の字に似た皺ができることから、藩主土屋利直は白石のことを「火の子」と呼んで可愛がったという。利直の死後、藩主を継いだ土屋直樹には狂気の振る舞いがあり、父の正済は仕えるに足らずと一度も出仕しなかったため、新井父子は2年後の延宝5年(1677年)に土屋家を追われる。その後直樹が改易されると、白石は大老堀田正俊に仕えたが、その正俊が若年寄稲葉正休に殿中で刺し殺されると、堀田家は古河藩山形藩福島藩と次々に国替を命じられて藩財政が悪化、白石は堀田家を自ら退いて浪人し、独学で儒学を学び続けた。独学を続けていた白石は、貞享3年(1686年)になって朱子学木下順庵に入門することになった。順庵は元禄6年(1693年)、白石を甲府藩への仕官を推挙した。白石が37歳の時である。
徳川綱吉は多額の支出をして寺社を建立して祈祷し、生類憐れみの令を出したが、結局子宝に恵まれず、甲府藩主徳川綱豊を将軍世子として西丸に入れた。宝永6年(1710年)綱豊は名を徳川家宣と改め、将軍となった。家宣は将軍に就任すると、側用人の松平輝貞松平忠周を解任し、大学頭林信篤を抑えて、白石にその職責の大半を代行させた。ここに白石は甲府家から白石や間部詮房を自身の側近として、後に正徳の治と呼ばれるようになる政治改革を行った。白石の身分は500石取り(のち正徳元年1000石に加増)の本丸寄合、すなわち無役の旗本なので、御用部屋に入るわけにはいかない。そこで家宣からの諮問を側用人間部が白石に回送し、それに答えるという形を取った。幕閣でも側用人でもない一介の旗本が、将軍侍講として幕政の運営にこれほどまでに関与したのは、この白石をおいて他に例を見ない。白石の政策は旧来の悪弊を正す理にかなったものではあったが、「東照神君以来の祖法変ずべからず」とする幕閣とは齟齬をきたし、やがて両者の間には深刻な軋轢が生じるようになる。自らが主張することに信念を抱き、誰が何を言って反対しても臆することなく、最後には「上様の御意」でその意見が通るので、白石は旧守派の幕臣からは「鬼」と呼ばれて恐れられるようになった。家宣が没すると、その子の7代将軍徳川家継の下でも引き続き間部と共に政権を担当することになったが、幼君を守り立てての政局運営は困難を極めた。幕閣や譜代大名の抵抗も徐々に激しくなり、家継が夭逝して8代将軍に徳川吉宗が就くと白石は失脚、公的な政治活動から退いた。  (wikipedia-新井白石より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*