築土神社

マーカーは築土神社です。

築土神社
[築土神社(つくどじんじゃ)は、東京都千代田区九段にある神社である。通称、築土明神。創建時の祭神・平将門に因み、武勇長久の神社として親しまれ、千代田区北の丸公園にある日本武道館の氏神でもある。 毎年正月に授与される勝守(かちまもり)は有名。現在は天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)を主祭神とし、平将門、菅原道真を配祀する。
江戸時代の文献によると、平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)そのものも、かつては当社内に安置されていたといわれ、多くの将門所縁の社寺の中で、将門信仰の象徴的神社となっていた。もっとも明治になると、教部省の指示により将門は相殿に格下げされ、代わって天津彦火邇々杵尊が主祭神となり現在に至っている。 また、戦災で焼失するまで、将門の首を納めたという首桶、将門の肖像画(束帯姿)、木造の束帯坐像等が社宝として伝わっていたが、昭和20年4月、戦災により社殿とともに全て焼失し、現在は、一部の写真が残るのみである。 拝殿の装飾や絵馬等には,巴紋のほか,平将門に因んだ繋ぎ馬(つなぎうま)の紋が使用されているが,これは神社境内にある天水桶文政元年)の彫刻を模したもので,築土神社の登録商標となっている(平成23年現在)。
歴史
天慶3年(940年)6月、江戸の津久戸村(現:千代田区大手町付近)に平将門の首を祀り、「津久戸明神」として創建された。
室町時代太田道灌により田安郷(現:千代田区九段坂上)へ移転させられて以降は「田安明神」とも呼ばれ、日枝神社、神田明神とともに江戸三社の一つにも数えられることもあった(江戸三社のうち、日枝神社神田明神以外は固定していない)。
元和2年(1616年)に江戸城外堀の拡張により筑土八幡神社隣地(現:新宿区筑土八幡町)へ移転し、「築土明神」と呼ばれた。
明治7年(1874年)天津彦火邇々杵尊を主祭神として「築土神社」へ改称する。
第二次世界大戦の戦災による焼失(1945年)まで300年以上の間、筑土八幡神社と並んで鎮座していたが、戦後、現在地へ移転した。
●平成18年築土祭では、安政6年(1859)の神田明神以来、実に147年振りに神輿渡御行列の江戸城入りを果たしている。  (wikipedia・築土神社より)]

[天慶3年(940)に現在の大手町周辺の観音堂に平将門を祭り津久戸大明神と称したのがはじまりといわれています。江戸城築城後の文明10年(1478)には、太田道灌が江戸城の乾(北西)、田安台に鎮守として社殿を造営しました。田安明神、江戸明神と呼ばれた時期もあり、山王・神田明神とともに江戸三社の一つに数えられました。神社の位置は田安、牛込、筑土八幡町、富士見へと移り昭和29年に現在地に移転しました。境内に区指定有形民俗文化財の力石、狛犬があります。本殿前の狛犬は、安永9年(1780)奉納の区内最古のものです。(千代田区観光協会ホームページより)]

[兼務社(境内社)として、出世稲荷(田安稲荷)を祀る。]

築土神社ホームページ」 – 「年中行事

資料リンク
[国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図][築土神社の兼務社(境内社)となる、出世稲荷(田安稲荷)が絵図右中程・「田安イナリ」と記述されている。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 小川町駿河台元飯田町辺 : 文化五年調」(コマ番号3/4・絵図中央に「稲荷」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 1号」(コマ番号5/6・絵図上中央左方向に「稲荷」が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・九段坂[中坂の中程に出世稲荷(田安稲荷)が描かれている。]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「飯田町中坂九段坂」(1-52)、「田安の台(築土神社)解説-1・左ページ左」(1-49)、「田安の台(築土神社)解説-2・右ページ1行目まで」(1-51)

築土神社 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が築土神社です。