吉祥寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    吉祥寺
    [吉祥寺(きちじょうじ)は、東京都文京区本駒込三丁目にある曹洞宗の寺院。山号は諏訪山。
    群馬県永源寺末寺神奈川県最乗寺の孫末寺にあたる。
    室町時代1458年(長禄2年)に太田持資(太田道灌)の開基で江戸城内に青巌周陽開山に招いて創建した。道灌は、江戸城築城に際し和田倉付近の井戸から「吉祥」と刻銘した金印を得、これを瑞祥として青巌を請じて西の丸に建立した。山号はこの地が諏訪神社の社地であったことによる。戦国時代には足利義氏_(古河公方)の実母で北条氏綱の娘でもある芳春院の位牌が安置されていたという。のち徳川家康の関東入府にともなって駿河台(現在の都立工芸高校の周辺)に移り、明暦の大火江戸大火によって現在の駒込の地に移転した。
    江戸期には境内に後に駒澤大学となる学寮「旃檀林」(せんだんりん)があり、卍山道白が規則を制定して大いに繁栄し、江戸幕府の学問所「昌平黌」と並んで漢学の一大研究地となった。
    多くの学寮(カレッジ)・寮舎を備え、常時1,000人余の学僧がいた。各寮には学徳兼備の者が選ばれて寮主となり、寮主はさらに役員を選び、役員によって学問の指導や日常生活が合議によって運営された。
    教科目は内典(仏教)と外典(漢学)で、江戸の中期以降は漢学が重視された。そのため僧侶以外でも、寺院に縁故のある旗本の子弟・寺侍が聴講した。
    寺堂は近代まで七堂伽藍を誇っていたが、東京大空襲で焼失し、わずかに山門(1802年建造)と経蔵(1804年建造)を残すのみとなった。
    現在は復興され、本堂、客殿、庫裏などが点在する。
    墓等
    いくつかの譜代大名・旗本の江戸菩提寺であったことから、松前氏広など、通常国許の菩提寺に葬られるはずの遺骸が、諸事情により、当寺に埋葬されている事例もある。
    八百屋お七・吉三郎の比翼塚
    鳥居耀蔵
    二宮尊徳の墓碑
    榎本武揚
    川上眉山(小説家)
    赤松則良森鴎外と離縁し他家に嫁いだ長女・登志子も生家・赤松家の墓に葬られている。
    山門・wikipedia-photo、門額「旃檀林」・wikipedia-photo、山号額「諏訪山」・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、釈迦如来坐像・wikipedia-photo、六地蔵・wikipedia-photo、「八百屋お七・吉三郎比翼塚」・wikipedia-photo、二宮尊徳墓・wikipedia-photo、榎本武揚墓・wikipedia-photo、松前家の墓・wikipedia-photo  (wikipedia・吉祥寺_(文京区)より)]

    諏訪山 吉祥寺 – Google Map 画像リンク」、「吉祥寺 経蔵 – Google Map 画像リンク

    カメラ北東方向が吉祥寺の山門です。

    吉祥寺参道のカメラです。

    吉祥寺境内のカメラで、カメラ北東方向が本堂です。

    吉祥寺資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駒込絵図」(絵図中央上方向・土井大炊頭(古河藩)下屋敷の上に吉祥寺が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [35]貮拾壹亨」(コマ番号3/7・絵図中央下に定泉寺と記述されています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・吉祥寺

    江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「吉祥寺」(15-9)、「諏訪山吉祥寺解説・左ページ」(15-8)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *