高林寺

スポンサーリンク

マーカーは高林寺です。

高林寺
[曹洞宗系単立の高林寺は、金峰山と号します。高林寺は、慶長元年(1596年)に幡羅郡下奈良寺集福寺十一世桂岩和尚(慶長3年1598年寂)が、神田山北側の金峰山神杜跡地(現お茶の水坂に面した元町公園辺り)に創建、明暦2年(1657)の大火の後、当地へ移転しました。神田山に在った時には、徳川家光が立ち寄り、飲したお茶から、「お茶の水」という地名が付いたといいます。境内墓域には、大村益次郎橋本左内福沢諭吉などが学んだ適塾の主催者緒方洪庵や、アララギの歌人岡麓などの墓があります。  (「猫のあしあと」より)]

[緒方洪庵墓
洪庵は、江戸時代末期の蘭学者、医学者、教育者。文化7年-文久3年(1810-63)現在の岡山県に生まれ、名は章、後に洪庵と改めた。大坂、江戸、長崎で蘭学、医学を学び、天保9年(1838)、大坂に、”適々斎塾”(適塾)を開き、診療と研究のかたわら、三千人におよぶ門弟の教育に当った。この塾から大村益次郎、橋本左内、福沢諭吉などが輩出した。洪庵は、幕府の奥医師として江戸に招かれ、翌年、文久3年(1863)に病没した。  (文京区教育委員会掲示より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駒込絵図」(絵図四つ切の右上方向に高林寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [35]貮拾壹亨」(コマ番号3/7・絵図中央左に高林寺と記述されています。)

文京区 高林寺 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が高林寺参道です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*