三草藩丹羽家上屋敷跡

マーカーは三草藩丹羽家上屋敷跡です。

関連リンク – 三草藩丹羽家中屋敷跡

三草藩丹羽家
[三草藩(みくさはん)は、播磨国加東郡周辺を領有した譜代大名の藩。藩庁として三草(兵庫県加東市上三草)に陣屋が置かれた。
越後国高柳藩丹羽薫氏元文4年(1739年)大坂定番に任じられ、河内国・播磨国・美作国に所領を移された。さらに延享3年(1746年)河内国の所領を播磨国内に移され、三草に陣屋を構えて三草藩が成立した。
この丹羽氏戦国時代には織田家の家臣だったが、織田信長の著名な重臣であった丹羽長秀の丹羽家とは別家である。先祖の丹羽氏次は信長・信雄に仕えたが、小牧・長久手の戦い以前に徳川家康の下へ奔り、その家臣となった。
丹羽氏は高柳藩時代より参勤交代を行わない、定府の大名である。
慶応4年(1868年)、戊辰戦争に際し明治政府方に恭順した。明治4年(1871年)、廃藩置県により三草県となった。  (wikipedia・三草藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図(嘉永三年・1850年)」[絵図四つ切右上・丹羽若狭守(丹羽氏賢)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四之二(文久元年・1861年)」(コマ番号3/3・絵図四つ切右上に丹羽長門守(丹羽氏中)と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」(コマ番号 81/87、83/87、85/87に丹羽式部少輔、長門守と描かれています。)

カメラ西北西方向・小山がソーラー時計で、カメラ位置付近が三草藩丹羽家上屋敷跡になります。