明石藩松平家上屋敷跡(国立劇場)

マーカーは国立劇場です。

明石藩松平家上屋敷跡
[明石藩(あかしはん)は、播磨国明石郡兵庫県明石市神戸市西区神戸市垂水区など)を領した藩。藩庁は明石城に置かれた。
藩史
譜代御家門大名が頻繁に入れ替わった。
江戸時代初頭は播磨一国を支配する姫路藩池田氏の所領であった。元和3年(1617年)、池田光政鳥取藩に転封となると、播磨の所領は、松平信康の娘・峯高院が嫁いだ小笠原秀政の明石藩10万石と、同じく妙高院が嫁いだ本多忠政の姫路藩15万石及びその部屋住料10万石。忠政の次男本多政朝龍野藩5万石、徳川家康の娘・良正院の遺領を分配した赤穂藩3.5万石、平福藩2.5万石、山崎藩3.8万石とその池田氏一族の鵤藩1万石、林田藩1万石の中小藩に分割された。そのうちの一つが明石藩である。
立藩は池田氏が転封となった元和3年である。信濃国松本藩より小笠原忠真が10万石で入封したことに始まる。忠真はそれまでこの地方の拠点であった船上城(ふなげじょう)を廃し、明石城を建設した。この城の持つ性格は、海上交通の監視、西国大名への押さえの拠点城郭の一つとなったことである。寛永9年(1632年)忠真は豊前国小倉藩に転封となった。
寛永10年(1633年)、松平(戸田)庸直が7万石で入封した。翌年18歳で死去したため、兄・忠光の子・光重が継いだが、寛永16年(1639年)に美濃国加納藩へ転封となった。同地より交代で大久保忠職が7万石で入封したが、慶安4年(1649年)に肥前国唐津藩へ転封となった。同年、丹波国篠山藩より松平(藤井)忠国が7万石で入封する。嗣子・信之の時代に弟・信重に5千石を分知したため、6万5千石となった。延宝7年(1679年)、信之は大和国郡山藩に転封となった。なお、信之は名君の誉れ高く、新田開発を進めた。郡山転封後は老中となっている。同地より交代で、本多政利が6万石で入封する。過酷な政策を強いた罪により、天和2年(1682年)に陸奥国岩瀬藩に1万石に減封の上、転封となった。
同年(天和2年)、越前国大野藩より松平直明が6万石にて入封し、越前松平家の支配が廃藩置県まで続いた。8代・斉宜は11代将軍・家斉の二十五男で、この時2万石の加増を受け、8万石(10万石格)となった。しかし、将軍家の子息を迎えることで莫大な費用を要し、財政難に一層の拍車がかかった。幕末には御家門の立場上佐幕派となり、鳥羽・伏見の戦いでも幕府方として参戦した。その後、明治政府方に帰順した。明治4年(1871年)、廃藩置県により明石県となり、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入されている。越前松平家は明治17年(1884年)、華族令により子爵となった。  (wikipedia・明石藩より)]

明石藩松平家上屋敷跡資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」(コマ番号34/87「文政十(1827)年之形」(松平斉韶)、36/87「天保六(1835)年・七(1836)年之形」(松平斉韶)、38/87「文久元(1861)年当時之形」(松平慶憲)の絵図上中央に「松平兵部大輔」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図(嘉永3年・1850年)」(絵図左上に松平兵部大輔(松平慶憲)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四之二(文久元年・1861年)」[絵図中央上・平川天神の右方向に松平兵部大輔(松平慶憲)が描かれています。]

国立劇場
[日本の国立劇場(こくりつげきじょう、英語:National Theatre of Japan)は、東京都千代田区隼町にある劇場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する。日本の伝統芸能を上演するほか、伝承者の養成や調査研究も行っている。
歌舞伎日本舞踊演劇が演じられる大劇場、文楽邦楽琉球舞踊日本舞踊(小規模公演)・雅楽声明・民俗芸能が演じられる小劇場で構成されている。また、伝統芸能の公演の他これに携わる人材育成も行っている(歌舞伎俳優や囃子方など。文楽関係は国立文楽劇場で行う)。落語漫才などが演じられる国立演芸場が隣接しており、2003年には国立劇場裏に伝統芸能情報館が開館した。
なお毎年4月に行われる日本国際賞の授賞式には、天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席する。
設置までの経緯
明治時代の演劇改良運動の中で国立劇場の設置が構想されたほか、何度か設置運動が行われてきたが実現には至らなかった。
第二次世界大戦後、文化財保護委員会(文部省の外局)に芸術施設調査研究協議会が設置され、同協議会の答申(1956年)に基づき、国立劇場の計画が具体化した。
設計案についてはコンペが行われ、奈良正倉院を思わせる校倉造風の外観とした竹中工務店岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した(1963年)。建物は1966年10月に竣工した。
1966年7月の国立劇場法により、特殊法人国立劇場が設立され、同年11月1日に国立劇場本館(歌舞伎を中心とする大劇場・文楽を中心にする小劇場)が開場した。1979年には隣接地に落語・講談を中心とする国立演芸場が開場した。
1990年に、特殊法人国立劇場は日本芸術文化振興会に改称、2003年に独立行政法人化した。
建築・前庭
建物は1968年に第9回BCS賞を受賞。1998年(平成10年)には公共建築百選に。2003年(平成15年)にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれた。
造園は中島健 (造園家)が担当。前庭にはスルガザクラ、スルガコマチ、コマツオトメジンダイアケボノヤエベニシダレ、センダイヤ、スルガザクラの実生(品種未確定)、カンザン、ワカキノサクラ、クマガイザクラの10種類のサクラが植栽されていて近隣の千鳥ヶ淵と合わせて桜の名所となっており、春の花見の時期には各種サクラの開花情報が公式サイトに掲載されている。なおスルガコマチは国立劇場のスルガザクラの種から誕生した当劇場由来の品種である。
国立劇場・wikipedia-photo、国立演芸場・wikipedia-photo、伝統芸能情報館・wikipedia-photo  (wikipedia・国立劇場より)]

カメラ西方向が国立劇場です。

カメラ東北東方向が国立演芸場です。

カメラ北北東方向が伝統芸能情報館です。