杵築藩松平家上屋敷跡(警視庁)

スポンサーリンク

マーカーは杵築藩松平家上屋敷跡(警視庁)です。

杵築藩松平家上屋敷跡(警視庁)
[正保2年(1645年)、小笠原忠知三河国吉田藩に転封となり、代わって松平英親が3万2千石にて豊後国高田藩より移封され、明治維新までこの地を領した。平地の少ない領地であったため、新田開発や工芸作物、特に藺草の栽培を奨励した。新田開発においては三河より100余人の農民を呼び、俗に「三河新田」と呼ばれる農地を開墾した。
3代重休正徳2年(1712年)、幕府より与えられた朱印状において「木付」が「杵築」と書き誤っていた。そこで、幕府に伺いを立てた上、この地を杵築と表記するようになった。
享保の大飢饉以後、藩財政は悪化し、8代親賢は領内在住の学者・三浦梅園を登用し財政再建に取り組んだ。彼の進言により天明年間(1781年 – 1789年)に藩校「学習館」を開いた。
明治2年(1869年)、版籍奉還によって杵築知藩事に旧藩主の親貴が任じられ、行政区分としての杵築藩が置かれたが、明治4年(1871年)、廃藩置県により杵築県となり、のち、大分県に編入された。能見松平家は明治2年に華族に列し明治17年(1884年)に子爵となった。  (wikipedia・杵築藩より)]

桜田門外の変
[杵築藩三万二千石松平大隈守親良(ちかよし)の上屋敷があった場所は、今の警視庁である。桜田門の真ん前にあるので「桜田門」と俗称されるくらいだ。事件は同邸の門前、ほとんど咫尺(しせき)の間で発生したのである。ちょうどその瞬間、表通りに面した長屋の二階に居合わせていたのが、同藩で江戸留守居役を務める奥沢某という男だった。物音に驚いて障子を開けて窓の下を見下ろし、惨劇の一部始終を至近距離で目撃した。しばらくの間、方々で《語り部》扱いされたらしく、「直話」とされる話がいくつも写本で伝わっている。
 外を見た時には、路上にあったのは駕籠だけだった。挟箱も槍も見えず、駕籠舁(か)きの姿もなかったので、この大名が誰なのか分からなかった。窓のすぐ下で駕籠脇の供侍と白鉢巻・襷(たすき)がけの男とが数人で激しく斬り結んでいる。他の場所からも刀がぶつかり合う音は響いてくるが、雪が煙って見えない。眼の前では敵味方が力を尽して刀の中ほどや鍔元で迫り合い、たちまち勝負が付いて四、五人が斬り倒された。
 大兵の男一人と中背の男一人が猛然と駕籠に駆け寄り、引き戸越しに白刃を何回も駕籠に突き入れ、裃(かみしも)を着けた人物を中から引きずり出した。背中から二度、三度と畳み掛けるように斬り付ける。物を蹴るような音がしたと思ったら首が落ちた。大兵の男が梅干しのようになった首を刀に貫き、大音声で何か叫びたてている。「井伊掃部頭殿」と聞き取れた。それで初めて「さては井伊殿か」と驚愕したのだった。
 もう一人の男が加わって三人で首を守り、日比谷の方向へ運んでいった。襲撃者の一団も同方面に立ち退く。供の面々は傷ついた身でこれを追って走る。駕籠脇では深手を負った若侍が刀を杖に起き上がり、「その首やっては」と歯噛みをして駆け出そうとしたがまた倒れ、直弼の胴体にすがって悲嘆するさまは見るに忍びなかった。
 若侍は気力を振り絞って蟻が引くように遺骸をどうにか駕籠の中へ収め、駕籠を五、六間引きずって動かしたが、痛手で歩行できず、そのまま崩れ落ちて落命した様子。そこへやはり血に染まった家来二人が駆け付け、駕籠を舁き上げてよろめきながら井伊邸の表門へ運んでゆく。やっとその頃になって、色々な出立(いでた)ちで鉄砲・槍・棒などを持った五、六十人がどっと繰り出してきたが、すでに万事休していた。
 襲われてから首を取られるまで、わずか三、四分の出来事だった。奥沢が目撃していたのは、水戸浪士による井伊大老暗殺という歴史的場面だったのである。  (「近世こもんじょ館-【れぽーと館】」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 永田町之絵図[出版年月日・宝暦9(1759)]」[絵図四つ切右上・桜田下に「松平筑後守」(松平親盈)と描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」[コマ番号63/87「寛政四(1792)年以後之形」(松平親賢)、コマ番号64/87「文化五年(1808)当時之形」(松平親明)、コマ番号66/87「天保九(1838)年之形」(松平親良)、コマ番号68/87「文久元(1861)年当時之形」(松平親良)の絵図右下に杵築藩松平家上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図[嘉永三(1850)年][絵図上中央・桜田御門下に「松平市正(松平親良)上屋敷」が描かれています。]

「国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四之二[文久元(1861)年]」[コマ番号3/3・絵図中央上方向、外桜田御門之方下に「松平大隈守」(松平親良)と記述されています。]

カメラ南西方向が警視庁で、カメラ北北西方向が外桜田門です。

スポンサーリンク