桜の井戸

スポンサーリンク

マーカーは桜の井戸です。

桜の井戸
[東京都指定旧跡 江戸の名水「櫻の井戸(桜の井戸)
「櫻の井戸(桜の井戸)」は名水井戸として知られた「江戸の名所」で、近江彦根藩井伊家上屋敷の表門外西側にあったが、ここは加藤清正邸跡(都旧跡)で、清正が掘ったと伝えられている。山連式釣瓶井戸で、縦約1.8メートル、横約3メートルの石垣で組んだ大井戸で三本の釣瓶を下ろし、一度に桶3杯の水が汲め、幕末当時江戸城を訪れる通行人に豊富な水を提供し、重宝がられた。
江戸名所図会に絵入りで紹介され、歌川広重(安藤広重)の「東都名所」の「外櫻田弁慶櫻の井」(天保14年〔1843〕)にも描かれている。安政7年(1860)3月3日には大老井伊直弼がこの井戸の脇から登城途中、暗殺された。
大正7年(1918)史蹟に定められ、東京とは昭和30年(1955)旧跡指定。
昭和43年(1968)道路工事のため交差店内から原形のまま10メートル離れた現在地に移設復元された。
平成19年(2007)彦根城築城
400年祭と東京金亀会設立90周年に記す  平成19年(2007)10月 東京金亀会(滋賀県立彦根中学校・彦根東高等学校同窓会) 東京都教育委員会 (「東京都千代田区の歴史 桜の井戸」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図」(絵図上中央に井伊掃部頭上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四之二」(コマ番号2/3・絵図中央右に井伊掃部頭と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」(コマ番号61-68/87・絵図四つ切右上に「井伊掃部頭」と描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・桜の井

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「桜の井・桜の井解説は左ページ中程」(7-14)

東都名所 外桜田弁慶堀桜の井

桜の井戸 – Google Map 画像リンク

カメラ画像は2015年3月で、カメラ西北西方向に井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)標柱があり、その左にあるのが移設復元された桜の井戸ですが、現在はさらに東側に移設されています。

カメラ西方向が再移設先の桜の井戸です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*