飫肥藩伊東家上屋敷跡

マーカーは飫肥藩伊東家上屋敷跡です。

関連リンク- 飫肥藩伊東家千駄ヶ谷下屋敷跡飫肥藩伊東家芝下屋敷跡

飫肥藩伊東家
[飫肥藩(おびはん)は、日向国宮崎郡那珂郡(現在の宮崎県宮崎市中南部および日南市全域)を統治した藩。藩庁は飫肥城。藩主は伊東家。家格は外様大名である。
日向伊東氏は鎌倉時代に日向国の地頭に任じられ、建武2年(1335年)に伊東祐持が足利尊氏によって都於郡300町を宛てがわれて下向したことに始まる。一時は島津氏からの侵略により、日向国を一時的に退去するが、伊東祐兵豊臣秀吉九州平定に参加し、九州平定軍の先導役を務め上げた功績により飫肥の地を取り戻し、近世大名として復帰を成し遂げた。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、祐兵が大坂で病を得ていたため、成り行きで西軍につくものの、密かに黒田如水を通じて東軍に味方をし、嫡男祐慶を下向させて宮崎城を攻撃、事無きを得た。元和3年(1617年)、2代将軍・徳川秀忠より飫肥藩5万7千石の所領安堵の朱印状を受けた。以後廃藩置県まで一貫して14代にわたり伊東氏が飫肥藩主を務める。
3代祐久は寛永13年(1636年)、弟の祐豊に3千石を分与して旗本寄合とし、4代祐由明暦3年(1657年)、弟の祐春に3千石を分与して表向御礼衆交代寄合としたため、以後、石高は5万1千石となった。
領内は耕地が少なく、山林と海浜に囲まれていた。1600年代には藩士の窮乏に備えてスギ挿し木栽培を始めた。温暖で湿潤な気候から林業が発展、弁甲材と呼ばれる太鼓落としの木材は、木造船の材料として重用された。今日でも「飫肥杉」はこの地の特産として残っている。また、同時に漁業も藩財政の一翼を担った。薩摩藩同様に「地頭」の名称の職もあった。旧清武城は藩の第2の拠点として、清武地頭が置かれていた。
11代祐民享和元年(1801年)に学問所を設け、これが天保元年(1830年)に藩校・振徳堂となった。
幕末、飫肥藩は財政難に陥り、嘉永4年(1851年)には藩士の家禄を1/3に減じ、さらに安政4年(1857年)には倹約令を出した。
明治4年(1871年)、廃藩置県により飫肥県となった。
なお、明治時代、外務大臣となりポーツマス条約締結を行った小村寿太郎は飫肥藩の出身である。  (wikipedia・飫肥藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 外桜田永田町絵図(嘉永3年・1850)」[絵図四つ切右上・伊東修理太夫(伊東祐相)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四之二(文久元年・1861)」(コマ番号3/3・絵図下右に伊東修理太夫(伊東祐相)と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」(コマ番号78-81/87、83/78、85/87の絵図右ページに伊東出雲守、修理亮、鵜三郎、修理太夫と描かれています。)

カメラ南南西方向小路両サイドが飫肥藩伊東家上屋敷跡になります。