二ノ橋

スポンサーリンク

マーカーは二ノ橋です。

二ノ橋(間部橋、日向橋)
[仙台坂日向坂を結ぶ橋です。麻布側に飯野藩保科家の上屋敷がありました。そこに出入りしていた信州保科村の反物屋清右衛門は、蕎麦を打つのが上手いことから、藩主の助言により蕎麦屋に転向しました。名前も布屋太兵衛と改め、藩邸に近い永坂で「永坂更科」を開店しました。「更科」とは、長野県千曲市にある地名「更級」の「更」と保科家の「科」を合わせたものと言われています。白い蕎麦粉を使用した高級な「御膳蕎麦」が評判となり、増上寺の僧もよく食されたということです。  (「古川今昔 – 港区」より)]

[二ノ橋は日向橋の別名がある一方で、橋の西側に間部若狭守の屋敷があったため、間部橋と呼ばれることもあったという。  (「麻布二ノ橋界隈 – 大佗坊の在目在口 – Gooブログ」より)]

二ノ橋(間部橋、日向橋)資料リンク
「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図上中央に「二の橋○間部橋ト云」と描かれて、橋左下に保科弾正忠(保科正丕)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号2/5・絵図四つ切左下、「保科弾正忠」右下新堀川に「二ノ橋」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [10]拾七中

カメラ位置は二ノ橋で、カメラ東方向が日向坂です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*