十番馬場

マーカーは十番馬場跡です。

十番馬場
[馬場が1729年(享保14年)に芝から麻布に移転、十番馬場と呼ばれた。馬場移転に伴い馬市が立ち麻布十番は栄える。  (wikipedia・麻布より)]

十番馬場資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図左上・一ノ橋左方向に十番馬場が描かれ、十番馬場上の通りに此辺十番ト云と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号2/5・絵図四つ切左下、新堀川一橋上に「麻布十番馬場」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [8]拾七上」(コマ番号5/5・絵図中央上に馬場が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [7]拾七上」(コマ番号64/214~76/214・絵図中央に馬場が描かれ、馬場周辺の町が麻布十番馬場町と記述されています。64/214の享保八卯(1723)年之形に馬場が描かれているので、馬場の移転は享保14年ではなく、正徳3年(1713年)~享保8年(1723年)の間では?。66/214の享保十四酉年(1729年)・同十五亥年之形で麻布十番馬場町と町家が描かれています。)

カメラ北方向に江戸時代十番馬場があり、通称十番と呼ばれていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*