更科 (更科堀井)

マーカーは更科堀井です。

更科 (蕎麦屋)
[創業は寛政元年(1789年)と伝えられている。信州の織物の行商人をしていた清右衛門なる者が、江戸での逗留先としていた麻布・保科家に勧められ、麻布永坂町で蕎麦屋をはじめた、とされている。開店に際し清右衛門は太兵衛に名を改め、開店時に「信州更科蕎麦処 布屋太兵衛」との看板を掲げたという。「更科(さらしな)」は、蕎麦の産地である信州更級と保科家の科の文字を組み合わせたもの。なお、信州は当時より蕎麦の産地であったため、他にも「さらしな」を名乗る蕎麦屋は存在していたようである。更科の特徴は、精製度の高い蕎麦粉(更科粉)を使った白く高級感のある蕎麦(更科蕎麦)である。これがいつ頃からのものかは明らかになっていないが、1750年頃にはすでに存在していた模様。更科の特徴として打ち出されたのは江戸時代末期~明治時代のことと考えられている。更科は、明治10年代までのれん分けなどを一切しておらず、(旧)布屋太兵衛の一軒のみでの営業だった。のれん分けがはじまり、更科を冠した蕎麦屋が増え始めるのはそれ以降のこととされる。現在では東京都港区麻布十番にある3軒の更科(「麻布永坂 更科本店」・「永坂更科 布屋太兵衛」・「総本家 更科堀井」)のほかにも、都内の芝大門、神田錦町、有楽町などにのれん分けをした更科の店がある。  (wikipedia・更科 (蕎麦屋)より)]

更科堀井ホームページ

麻布永坂 更科本店 (あざぶながさかさらしなほんてん … – [食べログ]

カメラ南西方向が更科堀井です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*