毛利甲斐守邸跡(六本木ヒルズ)

マーカーは六本木ヒルズ森タワーです。

毛利甲斐守邸跡
[毛利甲斐守邸跡(もうりかいのかみていあと)は、東京都港区六本木六丁目にある史跡。長門長府藩主(長州藩毛利氏の分家)だった毛利綱元の麻布上屋敷の跡地である。
現在は六本木ヒルズ内の毛利庭園となっており、ひょうたん池の傍に跡地である旨を示す標柱が建てられている。
慶安3年(1650年)に、初代長府藩主毛利秀元(秀元は文禄4年(1595年)に甲斐守となっていた)が上屋敷として設けた。
毛利綱元が長府藩主であった元禄15年(1702年)、赤穂事件が起こり、吉良義央邸に討ち入った赤穂浪士の岡嶋八十右衛門ら10人がお預けになり、幕府の沙汰を待った。元禄16年(1703年)2月4日同屋敷で切腹した。
享保3年(1718年)3月、第5代藩主であった毛利元矩が亡くなったために長府藩は一時無嗣断絶となるも、同年4月に清末藩主の毛利匡広による長府藩名跡相続により再興された。
嘉永12年(1849年)、のちに陸軍大将となる乃木希典が藩邸の侍屋敷で生まれ、幼年期を過ごした。
幕末には、禁門の変長州征伐に対する幕府からの仕置きとして、長州藩・清末藩・徳山藩と共に江戸藩邸を没収された。
明治20年(1887年)、増島六一郎が取得して自邸とし、庭園を”芳暉園”と名付ける。
大正8年(1919年)4月、”乃木大将誕生地”として、旧跡(現東京都旧跡)に指定される。
昭和18年(1943年)3月、”毛利甲斐守邸跡”として、旧跡に指定される。
昭和27年(1952年)、ニッカウヰスキーが買収。同社東京工場となる。その後は、東映が買収し撮影所として所有され、昭和52年(1977年)、テレビ朝日(当時のNET)が東映から譲り受けて同社の敷地となると同時に、
東映はテレビ朝日の筆頭株主となる。再開発により建設された六本木ヒルズが平成15年(2003年)4月にオープン。同ビルの日本庭園が毛利庭園と名付けられる。
預けられた赤穂浪士10名
1.岡島八十右衛門(常樹)
2.吉田沢右衛門(兼貞)
3.武林唯七(隆重)
4.倉橋伝助(武幸)
5.村松喜兵衛(秀直)
6.杉野十平次(次房)
7.勝田新左衛門(武尭)
8.前原伊助(宗房)
9.小野寺幸右衛門(秀富)
10.間新六(光風)
毛利甲斐守邸跡地の標柱・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・毛利甲斐守邸跡より)

[六本木ヒルズ(英称:Roppongi Hills)とは、東京に新しい「文化都心」を生み出した、国内最大規模の都市再開発。森ビルが17年の歳月を掛けて再開発事業を行った、超高層ビル「六本木ヒルズ森タワー」を中心とした複合施設である。
主な施設として、六本木ヒルズ森タワー(54階建て)は、ブランド街のショッピング・モール、オフィス、上層部は展望台の東京シティビューや文化施設、美術館などで構成される森アーツセンター、森美術館、貸会議室や講演などに適したオーディトリアム(同時通訳が利用可能)を有する「アカデミーヒルズ」(49階)がある。
江戸時代に、麻布日ヶ窪(現在の六本木六丁目)に長府毛利家(長州藩支藩の長門府中藩)の屋敷がおかれた。長門府中藩(長府藩とも。現山口県下関市の一部)出身の乃木希典もこの地で生まれている。明治時代には、法律家・増島六一郎中央大学の前身である英吉利法律学校の創立者の1人で初代校長)の邸宅になった。第二次世界大戦の戦災に遭った後、1952年にニッカウヰスキーの工場、後に日本教育テレビ(NETテレビ)(後の全国朝日放送→テレビ朝日)の敷地となった。かつては広大な毛利家の庭園が残っていた。園内の池は、ニッカ時代にニッカ池という通称が付き、テレビ朝日の番組「さんまのナンでもダービー」で一部に知られるようになる。現在、敷地内には面積約4300平方メートルの毛利庭園が設けられ、「毛利池」があるが、これはニッカ池とは異なる。かつての庭園遺構は毛利池の下に埋土保存されている。また、東京都立駒場高等学校の前身に当たる東京府立第三高等女学校と、駒澤大学の前身で1882年(明治15年)に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も六本木ヒルズの一角に当たる。  (「wikipedia・六本木ヒルズより)]

[六本木アート・トライアングル(略称あとろ)は、アートで六本木を活性化することを目的に、国立新美術館サントリー美術館、森美術館の3館が結成したネットワークです。各館で開催している展覧会チケットの半券提示で、他の2つの美術館の観覧料が割引になる「あとろ割」や、アート情報を載せた「あとろマップ」の配布などを実施しています。   (「六本木アート・トライアングル|お得な情報|ご利用案内|国立新美術館 」より)]

東京都 六本木ヒルズと毛利庭園の桜 | 美しい日本、この一枚。」、「アークヒルズと六本木ヒルズでお花見。1日ひと桜。桜見てきまし …

毛利甲斐守邸跡資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 麻布絵図」(絵図四つ切左下の中央付近に毛利甲斐守上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉より麻布白金御殿跡辺絵図 : 寛保延享之頃」(コマ番号3/7・絵図中央に「毛利甲斐守」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [10]拾七中」(絵図中央に毛利甲斐守と描かれています。)

長府藩毛利家上屋敷跡 – Google Map 画像リンク」、「毛利甲斐守邸跡 – Google Map 画像リンク

毛利庭園前のストリートビュー・カメラ西方向が六本木ヒルズ森タワーでカメラ南方向がテレビ朝日本社ビルです。六本木ヒルズの一帯が毛利右京亮上屋敷跡です。

毛利庭園夜桜のカメラです。

カメラ北西方向が六本木ヒルズ森タワー、カメラ東方向がテレビ朝日本社ビルのストリートビューです。

六本木ヒルズ森タワーの展望台のストリートビューです。