三田用水(妙円寺脇口分水跡)

マーカーは三田用水(妙円寺脇口分水跡)です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。

三田用水(妙円寺脇口分水跡)
[『渋ヶ谷口』の隣には、『妙圓寺脇口』がありました。『妙圓寺脇口』分水は、「池田山」周辺を流れ、目黒川余水吐に合流していたものと推測されます。この後、三田用水は(妙円寺前を通り)緩やかに弧を描いて南側に向きを変えて白金台に進みます。  (「三田用水:三田用水 -どうでもいい疑問とテカテカの肌- – 水の行方を追」より)]

絵図中央上方向に妙圓寺が描かれ、その周辺に三田用水が描かれています。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」(上絵図は江戸御場絵図からの切り取りコピーです。江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。)

東京府15区8郡時代の町村区分図」 – 「東京府下大崎町全図」(地図右下・妙円寺左に妙円寺脇口分水が描かれています。)

カメラ位置は三田用水(妙円寺脇口分水跡)と思われる場所で、カメラ東方向小路が妙円寺脇口分水跡と思われます。