不忍天神

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    旧寛永寺関連へリンク
    寛永寺・本堂(根本中堂)寛永寺(常憲院霊廟勅額門)寛永寺(厳有院霊廟勅額門)寛永寺・旧伽藍跡(本坊・根本中堂)東京国立博物館寒松院本覚院東叡山坂本口輪王寺(両大師堂)、、寛永寺敷地跡(上野動物園)寒松院跡(藤堂家の墓所)旧寛永寺五重塔東京都美術館(寛永寺敷地跡)凌雲院跡(国立西洋美術館)東照宮上野大仏(大仏山パゴダ)旧上野寛永寺・時の鐘寛永寺子院11ヶ寺跡(上野駅)天海大僧正毛髪塔(旧本覚院跡)寛永寺(清水観音堂)彰義隊の墓寛永寺・黒門跡

    不忍天神
    [弁天堂-上野公園南側にある不忍池(しのばずのいけ)の中之島に天海琵琶湖竹生島宝厳寺弁才天勧請して建立。島は常陸下館藩水谷勝隆が築いたもので、当初は橋がなく、舟で参詣していた。当初の建物は入母屋造であったが昭和20年(1945年)3月の戦災で焼失し、昭和33年(1958年)に鉄筋コンクリート造の八角堂として再建された。
    弁天島に建つ石碑によるとかつて上野台地と本郷台地の間を忍ヶ丘(しのぶがおか)と呼んでおり、この地名にちなんで「不忍池」となったらしい。
    不忍池と弁天堂・wikipedia-photo  (wikipedia・寛永寺より)]

    [現在の上野公園の西南部にある池。かつて東京湾の入江であったが、平安時代ごろ入江が後退した際に取り残されて池となったとされる。寛永寺創建の際、寺の山号を比叡山にならって東叡山としたことにちなみ、この池を琵琶湖に見立てて、竹生島(ちくぶじま)になぞらえた中島を築造し弁天堂を創設した。名前は、忍岡(しのぶがおか)に由来するという説や、篠が生い茂って輪のようであった(篠輪津)という説など、諸説ある。特に夏季は美しい眺めで、文人たちにより小西湖(しょうせいこ)と唱えられた。蓮の名所で、茶屋では蓮飯を食べさせた。  (「歌川 広重 初代 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」-「不忍池 (しのばずのいけ)」より)]

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図

    (名所江戸百景・上野山内月のまつファイル:100_views_edo_089.jpg)

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「不忍池中島弁財天社」(14-24)、「不忍池、中島弁財天解説-1・左ページ中程過ぎから」(14-21)、「中島弁財天解説-2・右ページ中程まで」(14-26)、「不忍池蓮見」(14-25)
    不忍池中島弁財天社(拡大図)

    不忍池蓮見(拡大図)

    東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「己待忍ヶ岡弁天恭」(4-5)
    己待忍ヶ岡弁天恭拡大図)

    絵本江戸土産 – 不忍池池之端料理屋(拡大図)

    絵本江戸土産 – 其二不忍池全図中島辨天之社(拡大図)

    歌川広重・「新撰江戸名所」不忍池新堤防春景(ボストン美術館)

    「江戸遊覧花暦」(不忍池)

    「東都名所」(「上野山王山」、「上野山王山-2」、「上野山王山-3」、「不忍池」(2-18)、「不忍池解説-1・左ページ最終行から」(2-17)、「不忍池解説-2」(2-19)、「不忍池解説-3・右ページ4行目まで」(2-20)

    東都名所 不忍池」、「東都名所 不忍之池

    明治初期の、不忍池の写真です。

    不忍池弁天堂 – Google Map 画像リンク」、「大黒天堂 – Google Map 画像リンク」、「上野公園ボート場 – Google Map 画像リンク」、「上野・不忍池 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が不忍天神です。

    不忍天神前のカメラです。

    不忍天神八角堂のカメラです。

    不忍池遊歩道・ボート乗り場付近のストリートビューです。

    桜咲く不忍池遊歩道のストリートビューです

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    *