戦争に翻弄された動物「動物慰霊碑」

マーカーは「動物慰霊碑」です。

[日米関係が悪化して太平洋戦争が迫った1941年(昭和16年)7月には、陸軍東部軍司令部から上野動物園に対し、非常時における対策要綱を提出するように指示が出た。これに応じ、上野動物園では『動物園非常処置要綱』を作成して提出した。この要綱では、飼育動物を危険度別に4分類し、実際に空襲が始まって火災などが迫った場合には危険度の高いものから殺処分する計画になっていた。処分方法は薬殺を原則として、投薬量リストをまとめるとともに、緊急時には銃殺するものとしていた。日米開戦後の1942年(昭和17年)4月にドーリットル空襲があると、空襲の脅威は、より現実的なものとして意識されはじめた。
逃亡予防を目的とした戦時猛獣処分が実際に始まったのは、1943年(昭和18年)の上野動物園が皮切りである。8月11日にゾウ1頭の殺処分が決まったのを最初に、8月16日には新任の大達茂雄東京都長官から全猛獣の殺処分命令が下った。この命令に従って、上野動物園ではゾウやライオンなど14種27頭が薬殺や餓死により殺処分された。そのほとんどが餌に毒を混ぜての薬殺で、ほかにワイヤーロープを使った絞殺や餓死、刃物による処分の例もある。
この処分命令はまったく唐突に発令されたものではなかった。約2年前の1941年(昭和16年)8月11日には、陸軍の指示に応えて、上野動物園が「動物園非常処置要綱」を作成し、空襲の危機が差し迫った場合の殺処分方針を決めていた。
一連の殺処分の中で、3頭のインドゾウの処分は特に著名である。うち気性の荒い「ジョン」については、命令が下る以前の8月13日に餓死による殺処分が着手され、17日目の8月29日に餓死した。処分命令により、残る2頭も餓死の方法で殺処分されることになった。飼育係の菅谷吉一郎は、気性の荒いジョンは処分は仕方ないと思っていたが、気性が穏やかで性格も優しかった「トンキー」と「ワンリー」(別名「花子」)は何とか救ってやりたいと、福田園長代理に懇願したという。後述のように福田も、トンキー達を救う為に他の動物園への譲渡を検討したが、大達の反対で潰える事となった。ワンリーは9月11日、最後まで生き残ったトンキーも9月23日午前2時42分に餓死し、上野動物園のゾウは全滅した。トンキーの場合、実に絶食開始から30日という長き苦痛と苦悶に満ちた日々であった。空いた象舎は資材置き場となったが、後に4月13日の東京空襲で焼夷弾多数の直撃を受けて破壊された。
上野動物園での戦時猛獣処分実施については、同年9月2日に公表された。報道などでは「時局捨身動物」と称された。9月4日に大達長官ら臨席で慰霊祭が執り行われたが、この時点ではゾウ2頭はいまだ絶食状態で生存していたため、象舎には鯨幕が張られて目隠しされた。
後に上野動物園での戦時猛獣処分実施については、当時園長代理の福田三郎により『動物園物語』として発表され、1957年には山本嘉次郎の監督により『象』と改題し映画化された。  (wikipedia・戦時猛獣処分より)]

カメラ北方向が「動物慰霊碑」です。