江戸和竿 竿富

マーカーは江戸和竿 竿富です。

江戸和竿 竿富
[初代竿富(吉田富蔵)は、既に紹介した竿寿などと同じ瀬古幸太郎(竿幸)系列の竿師。二代目竿富(吉田嘉弘)は、数少なくなったバリバリ現役の江戸和竿上竿師で、工房所在地から「池之端の親方」として知られる。江戸前の釣りの名人としても知られ、そのノウハウが竿づくりに反映しているように思われる。昭和11年生まれの竿富さんであるが、和竿の使い手には誠に心強い存在である。  (「竿富 – 詳細表示 – 私の和竿・和釣具あれこれ – Yahoo!ブログ」より)]

[魚の動きをじかに手に伝えるとして、和竿は釣り人に愛されています。釣る魚や場所、釣り方により、釣り人は異なった和竿を手に取ると言います。
竿富は、釣り人のこだわりに応え、職人の手で1本1本、和竿を作り上げる工房です。
見学
料金 – 無料
定員 – 3名程度
見学可能日 – 平日  (「竿富 江戸和竿 伝統工芸品見学・体験工房|東京都産業労働局」より)]

カメラ西南西方向が江戸和竿 竿富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*