酒悦

マーカーはカメラ位置です。

酒悦
[悦の創業者・野田清右衛門は、伊勢山田の出身で、本郷本町に「山田屋」と号して店を構え、伊勢から仕入れた海産物を商い、後に店を寛永寺の境内である上野池之端に移し、うに・このわたなど、酒の肴になる珍味類も扱うようになりました。
又、当時の上流社会の人々がお茶断ちの日に、お茶かわりに飲む香煎も扱い、上野近辺の寺に出入りするようになりました。やがて寛永寺の本坊である輪王寺の御門跡の白川宮から、「酒が悦ぶほどうまいもの」の意として「酒悦」の屋号を賜り、江戸名店の一つとなりました。  (「酒悦のご紹介 | オンラインショップ | 東洋水産株式会社」より)]

浄光寺境内に福神漬け顕彰碑がある
[福神漬の言われについてはいくつか説がある。
明治時代初頭、東京・上野の漬物店「山田屋」(現在の酒悦)の店主・第15代野田清右衛門が開発し、自分の経営する茶店で売り出したところ評判となり、日本全国に広まった。名づけ親は、これを大いに気に入った当時の流行作家「梅亭金鵞」で、7種類の野菜を使用し店が上野不忍池弁才天近くにあった事から「福神漬」と命名されたとされ、表彰碑が存在する。また、この名称が広がる事を願った清右衛門は、商標登録をしなかった。  (wikipedia・福神漬より)]

酒悦ホームページ 創業1675年(延宝3年)上野池之端

酒悦 – 上野広小路/和食(その他) [食べログ]

酒悦 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が酒悦です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*