黒羽藩大関家上屋敷跡

マーカーは黒羽藩大関家上屋敷跡です。

国立国会図書館デジタルコレクション – 東京市史稿. 市街編49(1960年東京都出版)」の「江戸藩邸沿革」のP715・コマ番号401/553から黒羽藩屋敷の変遷について記載されています。「上屋敷 湯島天神下」がこの地になります。

黒羽藩大関家
[黒羽藩(くろばねはん)は、下野国那須郡に存在した藩の一つ。藩庁は黒羽陣屋(現在の栃木県大田原市前田)に置かれた。
大関氏下野の大名・那須氏を支える那須七党の一つであった。
1590年、大関高増豊臣秀吉小田原征伐に参陣したため、1万3千石の所領を安堵された。関ヶ原の戦いのとき、大関資増は東軍に与して下野小山に参陣した後、領国に戻って会津の上杉家(西軍)の動きに備えた。その戦功により戦後、徳川家康から7千石を加増され、合計2万石の大名となった。
大関増親のとき、弟の大関増栄、大関増君にそれぞれ1千石を分与したため、1万8千石の大名となった。外様の小藩ながら幕末には15代大関増裕海軍奉行若年寄など幕府要職を歴任し、藩政では作新館を開校してスペンサー銃の標準装備など兵装の洋式化を行い軍改革を進めたが、慶応3年(1868年)に死亡した。跡を継いだ16代大関増勤戊辰戦争に新政府軍方に付いて参戦して三斗小屋攻略や会津戦争などで戦功を挙げ、戦後に永世賞典禄1万5000石を贈与された。明治4年(1871年)、廃藩置県により廃止された。  (wikipedia・黒羽藩より)]

東京都立図書館アーカイブ – 東都下谷絵図(嘉永4[1851]/文久2[1862]改正)」[絵図四つ切左上に大関藤十郎(大関増裕)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書. 十四之二(天保十六年・1844年)」[絵図中央下に大関伊予守(大関増業)が描かれています。]

カメラ位置は三組坂下交差点で、カメラ東方向道路両サイドが黒羽藩大関家上屋敷跡になります。